医療分野における人工知能(AI)の市場規模、2022年から2030年にかけてCAGR38.4%で拡大予測

医療分野における人工知能(AI)の市場規模は、2021年に104億米ドルに達し、2022年から2030年にかけてCAGR38.4%で拡大すると予測されています。患者の健康に関するデジタル情報のデータセットの増加、個別化医療への需要の高まり、医療費削減への要求の高まりなどが、市場成長の大きな原動力となっています。世界的な高齢者人口の増加、ライフスタイルの変化、慢性疾患の増加により、疾患の初期段階での診断と理解の向上に対する需要が急増しています。人工知能(AI)や機械学習(ML)のアルゴリズムは、過去の健康データセットに基づいて病気を初期段階で正確に予測するために、ヘルスケアシステムに広く採用され、統合されています。

さらに、ディープラーニング技術、予測分析、コンテンツ分析、自然言語処理(NLP)ツールにより、医療従事者は患者の基礎的な健康状態をより早い段階で診断することができます。Covid-19パンデミックは、AI技術の需要にプラスの影響を与え、これらの高度な技術が持つ可能性を明らかにしました。医療機関は、さまざまなウイルス株の迅速な診断と検出にこれらの技術を広く採用し、個別の情報を活用して流行の管理を改善しました。診断分野では、AI/MLアルゴリズムが活用され、胸部CT画像、症状、病理所見、被爆歴などのデータセットを用いて、これらの技術を駆使したモジュールが学習され、Covid-19陽性患者を迅速かつ正確に診断することができます。

さらに、医療従事者の不足が深刻化していることも、AI/ML技術の導入を後押ししました。そのため、AIアルゴリズムを学習させて患者の健康情報を分析することで、医療従事者が疾患を迅速に診断し、正確な治療法を考案することを支援します。また、政府の支援策、M&Aや技術提携の増加、Covid-19パンデミックの進行なども、市場の成長を後押しし、ヘルスケアにおけるAIの導入を加速させる上で重要な役割を果たしました。AI/MLアルゴリズムは、パーソナライズされた患者情報とデータ統合を用いたCovid-19陽性患者の検出に導入された後、病状の迅速かつ正確な診断に広く導入されています。

2020年のNCBIの研究によると、AIベースのアルゴリズムは、医療従事者が陰性と診断した25人の患者のデータセットにおいて、COVID-19陽性例の68%を正確に検出しました。AI/ML技術の導入による患者ケアの向上、機械のダウンタイムの削減、医療費の最小化は、ヘルスケア分野における人工知能(AI)市場の成長の原動力の一つです。Covid-19パンデミックの影響で、AIベースの技術は採用が大幅に増加し、今後も劇的な成長が見込まれています。診断、患者管理、投薬管理、請求管理、ワークフロー管理、機械の統合、サイバーセキュリティなどのヘルスケア機能では、AI/ML技術の統合が顕著に進んでいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]