農業用化学品の市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR2.8%で成長予測

農業用化学品の市場規模は、2020年には2,185億米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR2.8%で成長すると予測されています。同市場の成長は、害虫、作物の収穫量、農業従事者の意識レベルと信用に足る製品の購入に依存しています。また、世界中で殺虫剤の需要が増加していることも、市場成長の大きな要因となっています。COVID-19パンデミックの影響で、農薬生産にもある程度の影響が出ています。パンデミック以前は、原材料の供給を中国に依存していた国もありましたが、各国で国境を越えた輸出入が制限されているため、原材料が不足しています。

一方、各国政府がビジネス市場をコントロールしているため、市場は急速に回復しています。農薬は化学物質でできており、さまざまなプロセスで有毒なガスや煙を放出し、環境に悪影響を及ぼします。また、作物には有益ですが、人間や動物には有害な影響を与えます。そのため、REACH(Registration, Evaluation, Authorization, and Restriction of Chemicals:化学物質の登録・評価・認可・制限)やEPA(Environmental Protection Agency:環境保護庁)などの規制当局が、毒性放出を許容範囲内にマッピングして監視することで対処しています。このように、各国当局による農薬の使用に関する規制が、市場の主な抑制要因となっています。

例えば、ブラジルでは、農薬の規制は法律7,802号に基づいており、政令4,074号によって規制されています。インドでは、殺虫剤は1968年に制定された「Insecticides Act」と1971年に制定された「Insecticides Act」によって規制されています。同様に、環境中での毒性を制限するために、さまざまな農薬に対してそれぞれ規制があります。規制の強化と環境に優しい製品への需要の高まりにより、メーカーは環境に優しいバイオベース製品の開発に取り組んでいます。例えば、Marrone Bio Innovation社は、自然界に存在する微生物や植物を利用して、作物の健康を促進し、害虫や雑草、作物の病気を管理する高性能で環境に優しいバイオベースの農業製品を開発しています。

製品に関する洞察

2020年は、売上シェアの66.9%で、肥料セグメントが市場をリードしました。肥料は、短期間で作物の収穫量を増やすため広く使用されており、世界的な作物および食品需要の増加に伴い、農地への圧力が高まっているため、農家はさまざまな作物の生産性と収量を向上させるために、より多くの肥料を利用しています。肥料は、窒素肥料、リン酸肥料、カリウム肥料、二次肥料などに分類されます。今後、窒素肥料セグメントが最速のCAGRを示すと思われます。窒素肥料は入手しやすく、植物の成長を促進し、収穫量を増加させます。しかし、窒素肥料の使用は、水域を含む周辺環境に悪影響を及ぼします。今後、収益面で高いCAGRが予測されているのが、作物保護剤セグメントです。農作物保護化学品には、殺虫剤、除草剤のほか、殺鼠剤、殺菌剤などの製品が含まれます。中でも除草剤は、農業分野で広く使用されている農薬で、作物保護化学品セグメントを支配すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]