医療用検体追跡システムの市場規模、2022年から2030年にかけてCAGR10.3%で成長予測

医療用検体追跡システムの市場規模は、2021年には7億3,907万米ドルとなり、2022年から2030年にかけてCAGR10.3%で成長すると予測されています。同市場は、有利な政府規制と、患者の診断におけるエラーを減らすための検体追跡システムの導入が進んでいることが重要な要因となっています。Leica BioSystems社によると、米国の病院や診療所では、毎年約9万8,000人が誤診により亡くなっています。さらに、新興国における未開発の市場は、関係者に投資の機会を提供します。COVID-19パンデミックの際には、検体の迅速かつ正確な診断のために、このシステムの採用が増加しました。

さらに、病気の誤診を減らし、COVID-19の偽陽性を避けるためにも、同システムの使用が増加しました。また、COVID-19の疑いのある患者のスワブを追跡するため、検査室はサンプル検査数の急激な増加に悩まされていました。こういった形で製品需要も高まり、パンデミック時の市場成長にプラスの影響を与えました。サンプリングの誤表示による医療ミスは、深刻な誤診につながります。Leica Biosystems Nussloch GmbHによると、外科手術の検体1,000個につき、約4件の患者の識別ミスが発生するとのことです。また、1,000件中2件の医療報告書が正しい患者に届かず、1,000件中1件にラベルの貼り間違いが発生しています。このような医療ミスを防ぐため、医療用検体追跡システムの需要が高まり、市場の成長を促進しています。検体の到着が遅れると、様々な問題から顧客満足度が低下するため、時間通りに検体が到着することは非常に重要です。これらのシステムを使用しないと、間違ったラボに検体が届けられてしまう可能性があり、システムを使用することで検査室の生産性が向上します。さらに、検体の紛失や欠損の減少、費用対効果、収益向上につながるターンアラウンドタイムの短縮、医療の質の向上などのメリットも、市場の成長を後押しする要因の一つです。

製品に関する考察

検体追跡プロセスの自動化の必要性が高まっていることから、2021年にはソフトウェアセグメントが50.7%の最大シェアを占めました。市場はソフトウェア、ハードウェア、消耗品に分類されます。解剖学的検査室の効率化への関心の高まりと、病理学的検査室での検体検査の負荷の増加が、ソフトウェアセグメントの成長を後押しします。消耗品分野は、今後、最速のCAGRで成長することが予想されます。

消耗品には、RFIDタグ、バーコードラボ、検体容器、スライド、ブロック、輸送用バッグ、組織カセットなどの製品が含まれます。RFIDやバーコードに関する技術の進歩が、このセグメントの成長を促進すると予想されます。また、プリンター、ラベリングシステム、RFIDリーダー、バーコードスキャナー、モバイルコンピューティングシステムなどの需要が増加していることから、ハードウェアセグメントも大きな成長が見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]