オミックス解析を利用した臨床試験の市場規模、2022年から2030年にかけてCAGR7.4%で成長予測

オミックス解析を利用した臨床試験の市場規模は、2021年に262億米ドルとなり、2022年から2030年にかけてCAGR7.4%で成長すると予測されています。2020年にはCOVID-19パンデミックで、今までにない市場の成長が見られました。その主な要因は、主要参加企業による生産性向上のための製薬業界への投資の増加、オミックスベースの臨床試験への需要の高まり、慢性疾患の有病率の増加でした。がんをはじめとするさまざまな慢性疾患の流行と負担の増大に伴い、臨床リスクのバイオマーカーとなるだけでなく、治療ターゲットとなりうるさまざまな分子ターゲットの研究が求められています。

シングルセルオミックス、マルチオミックス、典型的なオミックスアプローチなどの高度なオミックス技術は、多くのがん免疫療法の評価に用いられています。また、研究におけるマルチオミクスの利用の高まりは、高度なシーケンスプラットフォームの浸透とともに、精密医療のシナリオで人気を博しています。COVID-19は、医薬品業界全体のサプライチェーンに大きな混乱をもたらしました。一方、COVID-19にはいくつかのオミックス結果が観測されており、ゲノム、プロテオミクス、トランスクリプトミクス、リピドミクス、メタボロミクスのプロファイルを統合的に解析することで、COVID-19のトランスオミクスのランドスケープが報告されました。これにより、市場の成長に大きなチャンスが生まれました。多くの小規模企業が、COVID-19ウイルスを理解するために、オミックスベースの臨床試験を開始しています。

近年、製薬業界では、オミックスベースの臨床試験市場における統合が進んでいます。例えば、2021年11月、Complete Omics社のClinical Proteomicsチームは、Generate Biomedicines社との一連のイムノペプチドミクスプロジェクトに関する共同研究を発表しました。このコラボレーションでは、Completeの世界有数の超高感度マルチオミクスおよび臨床プロテオミクスプラットフォームを、さまざまな臨床および製薬プロジェクトで使用します。これらの統合は、主に事業拡大と、臨床試験市場での競争力維持を目的としています。各社は世界各地で顧客基盤を拡大する戦略をとっています。

患者の層別化、さらには個別化医療へのパターンシフトを求める声が高まっています。複雑な疾患の分析についての理解を深め、より効果的な治療戦略が必要とされています。現在、精密医療に基づくデータは、その大半をオミックスに基づく研究が占めています。例えば、DNAシーケンス技術は、特定の癌を増強する遺伝物質を特定するために使用されています。さらに、近年のハイスループットなオミックス技術の進歩により、ゲノム、プロテオーム、トランスクリプトーム、メタボロームなど、全体的かつ包括的なデータの検索が可能になっています。

フェーズの洞察

2021年の市場は、第II相セグメントが37.8%で最大収益シェアを占め、予測期間中にCAGR7.1%の成長が見込まれています。これは、第II相で進行中の臨床試験が多数あることに起因します。2020年には、第2相臨床試験のプロジェクト数が最も多く、産業界および非産業界のスポンサーによる研究開発への投資が増加していることから、この傾向はさらに拡大すると予想されます。さらに、臨床試験のグローバル化、第II相における業界主催および非業界主催の臨床試験の数の増加、第II相臨床試験に伴う複雑さなどが、同セグメントの成長を促進する要因として期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]