動物性プロテインサプリメントの市場規模、2020年から2028年にかけてCAGR7.4%で成長予測

動物性プロテインサプリメントの市場規模は、2020年に126億1,000万米ドルとなり、2020年から2028年にかけてCAGR7.4%で成長すると予測されています。高タンパクで栄養価の高いサプリメントを求める消費者が増えていることが、市場の成長を後押ししています。動物性タンパク質のサプリメントには数多くの健康上の利点があり、科学的証拠によって裏付けられ、FDAなど政府の食品規制機関によっても認められています。そのため、消費者の栄養不足などの健康問題が、市場を牽引すると予想されています。消費者間で高タンパク製品を消費する傾向が強いことから、動物性プロテインサプリメントの成長が促進されています。また、スポーツやフィットネスに関心の高い人々が増えていることから、今後サプリメントの需要がさらに拡大すると予想されます。

2020年は米国が動物性プロテインサプリメント市場を独占

米国では、健康問題に対して積極的に取り組む傾向があり、動物性プロテインサプリメントの需要に拍車をかけています。さらに、同国ではパーソナライズドニュートリションの傾向が高まっており、製品の需要に好影響を与えています。

動物性プロテインサプリメント製品は、入手のしやすさと強力なアミノプロファイルにより、スポーツ栄養のメーカーにますます好まれるようになっています。しかし、菜食主義者や乳糖不耐症の消費者が植物由来のサプリメントを好む傾向にあることから、一定程度市場の成長が妨げられることが予想されます。

COVID-19の大流行により、消費者は、健康と福祉が死亡リスクを低減することをより強く意識するようになりました。パンデミックの影響で、消費者の関心は予防医療にシフトしています。一方、各国でロックダウンが実施された結果、ジムやフィットネスセンターが閉鎖され、プロテインサプリメントの売上に影響を与えました。

その後、ロックダウン規制の緩和に伴い、ホエイプロテインサプリメントの需要が大幅に増加しました。これは、ホエイプロテインが健康全般を維持するための完全なタンパク源であることに起因しています。同時に、免疫系の細胞構造を維持するのに役立つすべての必須アミノ酸が含まれていることも、消費者を魅了しています。

原料に関する考察

2020年は、ホエイタンパクが55.0%を上回る収益シェアで市場を支配しました。ミレニアル世代を中心としたライフスタイルの変化に伴う慢性疾患の発生率の上昇は、タンパク質を多く含む食生活の導入を促進する重要な要因の一つとなり、今後のホエイプロテインの需要を増大させると考えられます。

高タンパク食品の消費や、消費者のフィットネスに対する関心の高まりは、スポーツ栄養用途での卵タンパク質の需要を促進すると予測されます。また、卵にはセレン、亜鉛、ビタミンB2、D、B6が含まれているため、今後の市場成長が期待されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]