ライフサイエンスアナリティクスの市場規模、2022年から2030年にかけてCAGR7.7%で成長予想

ライフサイエンスアナリティクスの市場規模は、2021年に83億米ドルとなり、2022年から2030年にかけてCAGR7.7%で成長すると予想されています。ライフサイエンス業界ではアナリティクスの導入が急速に進んでおり、データベースの構築においては記述的分析と報告的分析に、将来のトレンドや結果の推定においては記述的分析と予測的分析を使用しています。さらに、同業界に大きな影響を与えているもう一つの原動力は、ソーシャルメディアやインターネットの影響力が高まっていることで、これが患者のエンゲージメントに直接影響を与え、分析ソリューションの導入につながっています。医療施設やライフサイエンス企業は、臨床、財務、業務の成果を高め、医療費の支出を最小限に抑えるために、分析ソリューションの導入を進めています。

ライフサイエンス企業は、サプライチェーン、研究開発活動、臨床試験の設計、法規制遵守、営業・マーケティング、ファーマコビジランスなど、その機能に高度なアナリティクスを導入しています。ライフサイエンス企業をはじめとするヘルスケア業界のステークホルダーは、高度なデータマイニング技術やビッグデータ解析を導入して、リスクの高い集団を正確に分析し、それに応じた戦略を立てることで市場を牽引しています。医療金融機関や政府機関では、請求管理や不正防止のために予測分析を導入しており、これが市場の成長をさらに後押ししています。

Covid-19パンデミックを原因とした既存のヘルスケアシステムへの負担は、ヘルスケアのデジタル化への先進技術の可能性を明らかにしました。このパンデミックの影響で、ライフサイエンスアナリティクス市場では導入率が大幅に上昇しました。このソリューションは、ワクチン、医療用品、医薬品、その他の必須資源の管理に広く導入されています。

例えば、Moderna社はIBM社と提携し、高度なアナリティクスとハイブリッドコンピューティングを用いてワクチン接種プログラムを効率的に管理しています。さらに、非感染性疾患の増加、世界的な高齢者人口の増加、患者のケア体験の向上に対する需要の高まりなどが、今後数年間の分析ソリューションの需要拡大に寄与すると予想されます。ライフサイエンス企業やその他のヘルスケア業界のプレーヤーは、高度な収益サイクル管理や人口健康管理プログラムに分析ソリューションを利用しています。

分析ソリューションは、e-ヘルス、m-ヘルス、電子カルテ(EHR)で生成されたデータセットを用いて、異なるヒトゲノムの組み合わせによる個別化医療の需要に対応するために採用されています。分析ソリューションの使用は、患者の治療体験の向上に焦点を当てています。さらに、市場関係者は、人工知能ベースのアルゴリズムをデータ分析に統合して、健康データセットから効率的にデータを抽出し、組織がさまざまな治療法をカスタマイズできるよう戦略を立てています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]