北米のフードサービス用使い捨て製品の市場規模、2020年から2028年にかけてCAGR3.9%で成長予測

北米のフードサービス用使い捨て製品の市場規模は、2020年に230億6,000米ドルに達し、2020年から2028年にかけてCAGR3.9%で成長すると予測されています。同市場は、外食産業の成長、オンライン小売の普及、多忙なライフスタイルによる消費者の持ち帰り志向の高まりなどにより、勢いを増し、高い需要を示しています。北米地域では、オンラインによるフードデリバリーサービスが普及していることに加え、米国やカナダなどでは消費者の多忙なライフスタイルを背景にクイックサービスレストランが人気を博しており、これがフードサービス用使い捨て用品の需要を押し上げています。また、限られたスペースに設置できることから、クイックサービスレストランの数が増えていることも、この地域の市場成長を後押ししています。

推進要因

全米レストラン協会によると、米国の外食産業の売上高は2020年に6,590億米ドルとなり、さらに2025年まで成長を続けることが予測されています。全米レストラン協会の推計によると、米国では2019年時点で、19万4,723件のクイックサービスレストランのフランチャイズが存在しています。そのため、米国のレストラン業界の成長が、この地域の市場成長を促進すると予測されています。また、マーケティングや広告活動は、フードサービス用使い捨て製品の採用を進める上で重要な役割を果たしています。企業は、使い捨て製品にブランド名や宣伝内容を印刷することに投資しており、消費者にアピールする上で重要な役割を果たしています。

抑制要因

持続可能性への関心が高まっていることから、最小限のパッケージしか使わないというアプローチが、今後、市場の成長を抑制すると考えられます。また、この地域では使い捨ての廃棄物が急激に増加しており、それに伴う環境への懸念が高まっています。さらに、原材料価格の変動が今後の成長における大きな課題となっています。2020年には、COVID-19の発生とロックダウンの実施により、人の移動が制限され、飲食店が営業停止になったことで、業界の成長が縮小しました。COVID-19の発生により、外食産業のパラダイムが変化したことで、消費者からの需要が予測されるため、オンラインフードデリバリーに特化した製品が増加することが考えられます。

素材に関する洞察

2020年は、プラスチックセグメントが50.0%以上の収益シェアを占めて市場をリードしました。プラスチックは、食品包装業界で最も好まれてきた素材です。低コスト、使いやすさ、軽さ、耐熱性、豊富な入手可能性などの特徴が、外食用使い捨て用品市場での使用を促進しています。プラスチックは、プレート、ボウル、カップ、トレイ、カトラリー、食品容器など、さまざまな製品の製造に使用されており、ポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PE)、発泡ポリスチレン(EPS)、その他に分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]