北米および欧州の医療技術の市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR11.5%で成長予想

北米および欧州の医療技術の市場規模は、2020年には2,704億米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR11.5%で成長すると予想されています。医療費の増加、非効率な病院サービス管理、さまざまな医療施設への患者の流入、医療従事者の不足などにより、公的機関や民間企業は、革新的な医療提供モデルの発見と開発に取り組んでいます。医療従事者は、患者ケアの質を向上させ、増大するデータサイロを解消し、業務コストを削減するための高度な技術的ソリューションを常に求めています。デジタルヘルス技術の導入が進んでいることが、今後の市場成長の原動力になると考えられます。

北米および欧州における老年人口の急速な増加に加え、疾病の蔓延、医療費の増加、発展途上地域における医療インフラの不足などが、医療技術ソリューションの需要を牽引しています。また、スマートフォンの普及とインターネット接続環境の向上は、医療従事者や患者によるmHealth技術の導入を促進しています。The Mobile Economy 2018の推計によると、スマートフォンの普及率は、2017年の57%から2025年には77%に達すると予想されています。消費者によるスマートフォンの普及が進むことで、テレヘルス、患者モニタリング、mHealthアプリ、その他のデジタルヘルス技術の導入への道が開かれています。

また、スマートフォンの技術が進歩し、病気の診断が容易になったことも、市場の成長を後押ししています。例えば、2017年に発表されたデータによると、イリノイ大学の研究者は、スマートフォンの診断機能を向上させるためのカメラを開発しました。さらに、ネットワークインフラの継続的な改善とネットワークカバレッジの拡大が、デジタルヘルスサービスの需要を押し上げています。モバイルネットワーク事業者は、スマートフォンの普及とフィットネスに対する意識の高まりを背景に、デジタルヘルスを投資の機会と捉えています。

技術的に優れたデバイスが容易に入手できるようになり、スマートフォンの普及率が高まり、インターネット接続が強化されたことで、官民の投資家は、デジタルプラットフォームを通じて革新的なヘルスケアソリューションを提供し、患者のケアを向上させるこの業界の可能性に投資し始めています。デジタルソリューションを利用することで、患者は自分のフィットネスや健康状態を簡単に把握することができ、医学的な問い合わせに対する回答を得ることができます。例えば、過去10年間にいくつかのアプリが登場し、患者が予約をしたり、診察や処方箋を追跡したり、治療中のヘルスケア情報を保存したりするのに役立っています。

遠隔医療ソリューションは、医療業界で広く採用されており、患者と医療従事者の関係を改善し、遠隔地の患者に治療を提供することを可能にしています。遠隔医療は、米国、カナダ、ドイツ、ロシア、その他欧州諸国など、多くの国で合法化され、規制されています。Apple、Google、IBMなどのテクノロジー企業は、さまざまなサブスクリプションプランを通じて多数のオプションを提供することで、モバイルヘルス体験の向上に注力しており、データセキュリティを重視しています。COVID-19パンデミックは、既存の医療システムの欠点を露呈し、デジタル化と自動化を迅速に導入する必要性を促しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]