薬局の市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR4.3%で成長予測

薬局の市場規模は、2020年に1兆85億米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR4.3%で成長すると予測されています。病気に苦しむ人の増加、高齢化の進展、処方箋の増加などが市場を牽引しています。National Health Servicesによると、イングランドでは2020 – 21会計年度の処方箋費用が2019 – 20年に比べて3.46%増加しています。米国疾病予防管理センターによると、米国の人口の45.7%が2015年から2018年の間に少なくとも1つの処方薬を消費し、人口の21.3%が同じ期間に3つ以上の処方薬を消費しました。

市場浸透率を高めるための薬局の急速な拡大とアップグレードが、市場成長にプラスの影響を与えています。例えば、Rite Aid Corp.は2020年度に2つの新規店舗をオープンし、5つの店舗を移転させ、店舗の改装を完了させて1,826の改装店舗を手に入れました。小売店や病院の薬局では、患者の安全性を高め、迅速かつ正確なサービスを提供するために、自動化装置を早急に導入しています。自動化システムは、電子処方箋、POSプログラム、バーコード認証、ロボット調剤、自動錠剤計数、双方向音声応答システム、自動処方箋受け取りなどに広く利用されています。

2019年にPharmacy Purchasing and Productsが実施した薬局の自動化装置に関する調査によると、病院の薬局の84.0%が自動調剤キャビネットを採用しているか、採用する予定と言われています。さらに、薬局は消費者からの需要に対応し、収益性の高いビジネスモデルを形成するために、さまざまなデジタル化プログラムを採用しています。例えば、CVS Health社は、人工知能、機械学習、データ、分析を用いてヘルスケア体験をパーソナライズするために、デジタルトランスフォーメーションプログラムを導入しました。さらに、2021年12月には、Azureを利用して高度な機械学習を用いたリテールパーソナライゼーションとロイヤリティプログラムをスケールアップするために、Microsoftとの提携を発表しました。

このようなデジタル化・自動化戦略が、市場を牽引すると考えられます。薬局は患者ケアサービスを提供し、薬の販売を促進するための取り組みを導入しています。2019年にNational Community Pharmacy Association(NCPA)Digestに掲載された記事によると、薬局の77%が薬物療法管理を提供し、76%がインフルエンザの予防接種を提供し、69%がインフルエンザ以外の予防接種を提供し、57%が血圧測定を提供し、56%が調合サービスを提供しています。

さらに、39%の薬局が共同薬物療法契約を、33%が糖尿病トレーニングを、32%がオストメイト用品を、23%が禁煙を、16%が患者教育クラスを、13%が喘息管理を、11%が体重管理を提供していました。また、薬局ではCOVID-19検査やワクチン接種のサービスも開始しました。CVS Health社は、2020年にCOVID-19検査を通じて800万人の新規顧客を獲得しました。薬局は、処方箋の履行など、さまざまな機能について革新的な戦略を採用しています。例えば、Walgreens Boots Allianceは、処方箋の発送需要をサポートするためにマイクロフルフィルメントセンターを導入しました。同社は、2020年末までに米国内で22カ所のマイクロフルフィルメントセンターを導入する予定です。さらに、主要なステークホルダーは、販売チャネルや市場シェアを拡大するために、買収、パートナーシップ、共同研究などの戦略も採用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]