豚用ワクチンの市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR4.9%で成長予測

豚用ワクチンの市場規模は、2020年に14億5,000万米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR4.9%で成長すると予測されています。豚の生産は、世界の食糧安全保障、農業、そして国内および国際ビジネスの重要な要素です。伝染性疾患は、豚の健康や安定性、養豚業の生産性に世界的な影響を与えます。したがって、豚の病気の有病率が上昇している事が、同市場を牽引すると推測されます。豚パルボウイルス(PPV)は、世界のほとんどの養豚場に存在する生殖器疾患です。豚繁殖・呼吸器症候群(Porcine Reproductive and Respiratory Syndrome: PRRS)は、現在も養豚場で非常に多く発生している病気で、繁殖や成長への悪影響など、経済的損失につながります。

豚用ワクチン市場では、顧客の需要を満たすために、継続的なイノベーションが行われています。例えば、2019年10月、Boehringer Ingelheimは、EMAからReprocycParvoFLEXの承認を得ました。これは、豚の胎児を経胎盤感染から保護する初のサブユニット豚パルボウイルスワクチンです。豚のワクチン接種プログラムを導入することで、発育のすべての段階で感染症から豚を守ることができます。そのため、各社は豚のワクチンを適切に使用するための予防接種サービスに力を入れており、細菌やウイルスの管理にかかわらず、農業の収益を向上させるのに役立ちます。

例えば、HIPRA社では、このような需要に応えるために様々なサービスを提供しています。HIPRA link Vaccinationは、スマートデバイス(Hipraspray、Hipradermic、Hipraject)で生成されたすべての予防接種データを記録し、自らの予防接種活動を管理、制御、分析できるようにする、HIPRAが考案したプロフェッショナルなアプリです。このアプリは、豚と家禽の予防接種に利用できます。このように、より優れた豚用ワクチンの需要が市場の成長をさらに後押ししています。

COVID-19パンデミックによる世界的な課題を考慮して、製薬業界はこれまでにないペースで研究を拡大しています。例えば、Boehringer Ingelheimのアニマルヘルス事業の研究開発部門は、アニマルヘルスグローバルイノベーションと改称され、疾患やシステムを中心とした研究開発アプローチに基づいた新しい管理体制が与えられました。これにより、治療だけでなく予防のための獣医学的治療法の革新を市場にもたらすことができるようになりました。

さらに、低脂肪・高タンパク質の食生活を求めるユーザーが増えていることから、豚肉をはじめとする動物性タンパク質の摂取量が増加しています。2050年には世界の人口が98億人に達すると予想されており、動物の健康は、動物の幸福と世界のタンパク質供給の両方を保証するために不可欠なものとなっています。これにより、動物を病気から守るためのワクチンの需要が高まることが予想されます。また、抗生物質を使用しない生産方法が業界のトレンドとなっていることも、需要の増加につながっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]