農薬の効果を補強する物質、アジュバントの市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR4.1%で成長予測

農業用アジュバントの市場規模は、2020年に34億米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR4.1%で成長すると予測されています。同市場の成長は、世界各地で効果的な殺虫剤の需要が高まっていることが背景にあります。さらに、作物の生産量や収量を増やすための農薬利用が増えていることも、市場の需要を押し上げています。農業用アジュバントは、農薬の浸透性や湿潤性、保持性などを高めるために、さまざまな目的で農薬と一緒に使用されます。

人口増加に伴う世界的な食品・飲料需要の増加も、農業用アジュバント市場の成長の大きな要因となっています。現在の食糧需要を満たすために、農家は適切な農薬を使用して作物の生産量や収量を増やすことに注力しております。一方、アジュバントは化学物質や石油化学製品で構成されているため、製造過程で化学処理が行われ、有毒ガスや廃棄物が発生する可能性があります。また、アジュバントは作物には有益ですが、摂取すると有害な影響を与える可能性があります。REACH(Registration, Evaluation, Authorization, and Restriction of Chemicals)やEPA(Environmental Protection Agency)などの規制当局は、許容レベル内の毒性放出をマッピングして監視することで、これらに対処しています。各国当局による農業用アジュバントに対する規制が、市場の主な抑制要因となっています。例えば、ブラジルでは、2017年までアジュバントは農薬と同じ規制が課されていましたが、2017年以降、農業畜産供給省(MAPA)が農業用アジュバントの管轄となっています。

近い将来、グリーンアジュバントの需要が高くなると予想されます。消費者の間で健康と福祉への関心が高まっており、グリーンアジュバントの成長を促進しています。米国では、消費者が有機栽培の食品を好む傾向があり、企業は、有機変性シロキサン、変性植物油、メチル化種子油など、バイオベースの環境に優しいアジュバントの開発に力を入れています。

タイプ別の考察

2020年は、活性剤アジュバントセグメントは、売上シェアの70%を占め、市場を独占しました。活性剤アジュバントは、実用性の高いアジュバントに比べて入手しやすく、価格も安いため、農薬として広く使用されています。活性剤アジュバントには、界面活性剤(非イオン性、カチオン性、アニオン性)とオイルキャリアがあり、界面活性剤は、主に浸透性の除草剤や水溶性の除草剤に使用される最も一般的なアジュバントです。

実用アジュバントセグメントは、農地に存在する不要物を抑制するための農薬の使用が増加していることから、2021-2028年の間にCAGR 3.5%で成長すると予想されています。実用アジュバントには、用途に応じて色々な種類があり、相溶化剤、ドリフトコントロール剤、緩衝剤、水調整剤などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]