フットマスクの市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR5.5%で成長予測

フットマスクの市場規模は、2020年には4億4,550万米ドルとなり、2021年から2028年にかけてCAGR5.5%で成長すると予測されています。同市場は、セルフケアの人気の高まりと、ウェルネス製品やフットケア製品の需要により牽引されています。一方で、サプライチェーンの混乱や企業の収益低下などにより、分野によっては製品の需要が減少しており、美容室の閉鎖や美容製品の販売減少などが市場に一定の影響を与えました。

しかし、スキンケアの習慣やセルフケアへの意識の高まりによる需要は、市場の成長を支えています。主要企業は、消費者に除菌製品を提供することで、生産能力を高め、製品ポートフォリオを拡大しています。また、COVID-19パンデミックの結果、手洗いの重要性が高まり、衛生的な日常生活の必要性が高まったことも、市場の成長に好影響を与えています。市場の主要プレーヤーには、Johnson & Johnson、Adwin Korea Corp.、Baby Foot、Sephora USA, Inc.など、複数の多国籍企業が挙げられます。

製品別洞察

市場は、製品別に、角質除去用フットマスクと、美白・保湿用フットマスクに分類されます。2020年は角質除去用フットマスクが、足の乾燥に対する関心の高まりや、パーソナルケア製品の需要の高まりを受けて、62%を超える最大シェアを占めました。角質除去用フットマスクに含まれる酸は、皮膚上の古い細胞層を剥がすのに役立ちます。世界的なパンデミックや検疫規則の影響で、美容施設が一時的に閉鎖されたため、フットマスク用ピーリングの需要が高まっています。角質除去用のピーリングマスクは、痛みを伴わない方法で、滑らかな足を実現します。

市場の企業は、足の保湿と角質除去に役立つフットマスクを導入しています。 オーツ麦繊維や乳酸などを使用した天然角質除去製品は需要が高く、ますます採用される傾向にあります。 たとえば、Adwinなどのブランドは、アロエベラとフルーツエキスを豊富に含んだフットマスクやピーリングを提供しています。

地域別洞察

2020年は、アジア太平洋地域が38%以上の最大の収益シェアを占め、2021年から2028年にかけて最も速いCAGRで拡大すると予測されています。中国、韓国、インドなどの国々では、中間層の人口が増加し、一人当たりのスキンケアへの支出が増加していることが、この地域の製品需要を押し上げています。また、体と顔の両方にスキンケアを行う傾向が高まっていることが、企業が革新的な製品を発売する必要性をうみ、同地域の市場を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]