ベビーパウダーの市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR5.6%で成長予測

ベビーパウダーの市場規模は、2020年に10億9,000万米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR5.6%で成長することが予測されています。同市場は、可処分所得の上昇と相まって、オーガニックパーソナルケア製品に対する消費者の嗜好が変化していることに牽引されています。しかし、パンデミックの影響で、サプライチェーンの混乱、売上高の減少、企業の閉鎖などにより、多くの分野で製品の需要が一時的に低下しました。失業や経済的不安などの要因により、消費者の嗜好は出産や結婚などの大きなライフイベントにシフトしています。

米国疾病管理予防センターによると、パンデミック時に出生率が4%減少したと報告されています。市場では、消費者の注目を集めるために、企業が革新的なオーガニック製品を導入しています。パンデミックの影響で、多くの消費者がエッセンシャルオイルや天然成分を豊富に含んだベビーケア製品を選ぶようになっています。例えば、インドのグルガオンを拠点とする新興企業Bey Beeは、安全で手頃な価格のベビーケア製品をインド市場に提供しています。

製品に関する考察

ベビーパウダー市場は、製品別にタルク配合タイプとタルクフリータイプに分類されます。タルクフリーのセグメントは、オーガニックのベビーケア製品の需要から、2020年には75%の収益シェアで市場を占有しました。また、コーンスターチベースのベビーパウダーは、天然成分の人気から、高い需要があります。コーンスターチを使用することで、有効成分を肌に浸透させるキャリアとして機能し、赤ちゃんの肌に栄養を与えることができます。

業界では、いくつかの企業がオーガニックカテゴリーの革新的な製品を発表しています。米国のAmyris社は、タルクベースのパウダーに代わる製品としてBaby Cream to Powderを発売しました。また、コーンスターチとラベンダー、アーモンド、オリーブなどのエッセンシャルオイルを配合し、肌への栄養補給を高めた製品を提供しています。さらに、51カ国の170以上の団体がタルクを使ったパウダーの使用に反対しており、天然成分への需要を一層高めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]