フルフリルアルコールの市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR7.2%で成長予測

フルフリルアルコールの市場規模は、2020年に4億7,270万米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR7.2%で成長すると予測されています。これは、フラン樹脂の合成や、熱硬化性ポリマーマトリックス化合物、セメント、接着剤、コーティング剤、鋳造用樹脂などの配合に、フルフリルアルコールの利用が増加していることに起因しています。

サトウキビの搾りかすやコーンコブから得られるフルフラールは、触媒による還元を受けてフルフリルアルコールになります。フルフラールは、ヒドロキシメチル基で置換されたフランからなる有機複合体です。主な用途は、湿潤剤、接着剤、鋳物用樹脂などの化学製品を製造する際の化学中間体です。

その他の用途としては、樹脂やプラスチックにも広く用いられています。さらに、ロケット燃料としての研究開発も活発化しており、フルフリルアルコールの需要を喚起すると考えられます。また、金属鋳造用の金型を製造する際にも重要な役割を果たします。世界中の様々な最終用途産業からの需要が増加しており、今後のフルフリルアルコール市場の成長を後押しすると考えられます。

金属鋳造部門は、安全保障と経済発展の鍵となっています。鋳造工場では、非鉄や鉄の合金を溶かして金型に流し込み、凝固させて完成品を作ります。フルフラールとその誘導体は、鋳物工場で金属鋳造用の鋳型の製造に使用されます。鋳造品の生産量の増加が、鋳造産業の成長を促進すると考えられます。

インドにおける鋳造産業の成長は、「Pradhan Mantri Kaushal Vikas Yojana (PMKVY)」や「Make in India」など、政府によるいくつかの取り組みに起因しています。これらの取り組みとは別に、インド政府は外国からの投資を支持するために、特定のFDI基準を緩和しています。さらに、鉄道、風車、工作機械、発電・配電、鉱業、化学工業、航空宇宙、家電製品、繊維、セメントなどのエンドユース産業からのファウンドリー製品の需要が大きく、ファウンドリー産業の成長を牽引すると考えられます。

アプリケーションの洞察

2020年は、樹脂アプリケーションセグメントが、87.0%を上回る最大収益シェアで市場を支配しました。これは、建設および自動車分野からのフルフリルアルコール樹脂の需要が増加していることに起因しています。フルフリルアルコールは、フラン・ファウンドリー・バインダーの重要な成分として使用されており、そのユニークな特性により、フラン樹脂やファウンドリーサンドバインダーの製造に広く使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]