医療機器の開発業務受託機関の市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR8.6%で成長予測

医療機器の開発業務受託機関の市場規模は、2020年に63億米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR8.6%で成長すると予測されています。同市場は、COVID-19パンデミックによる影響で、臨床試験が中断され多大な影響が及びました。その後、COVID-19の治療のための研究は、目覚ましい勢いで発展しており、世界中の研究グループが、COVID-19の治療プロセスに必要な医療機器を使用するようになりました。研究機関の多くが、医療機器の試験、生産、製造のために、多額の資金援助を受けています。

医療機器のCRO(開発業務受託機関)市場は、高度な技術リソースへのアクセスにより、時間を節約でき、コスト効率も高いことから、安定したペースで成長しています。CRO はますます医療およびヘルスケア分野で重要になっています。また、CROは、日常的に臨床コンプライアンスに取り組んでいるため、複雑な規制要件や監査について深い知識を持っており、すべてのコンプライアンスの課題に対処するのに役立ちます。さらに、効果的な医療機器への高い需要、患者数の増加、政府による特定の医療機器への資金提供や助成金も市場を牽引すると思われます。

CROは、新しい治療ラインや効果的な医療機器の開発に役立ち、専門家が新しい治療法の効果を確認するのにも有用です。臨床研究を行うCROの能力は、世界全体での医療機器の販売増加に役立っており、様々な勘定科目でデジタル技術を検討しており、医療研究の不可欠な部分となっています。この医療技術は、より効率的にするために、しばしばセンサーやデジタル補助装置と統合されます。CROは幅広い能力を有しており、それが市場を牽引しています。

サービスの洞察

2020年は、臨床モニタリングセグメントが、21.1%の売上シェアを占めて市場をリードしました。このセグメントの需要は、多くの臨床試験が実施され、それらを研究するために、臨床試験モニタリングの需要が増加していることに起因しています。また、スマートアナリティクスやリアルタイムなデバイスの導入により、ヘルスケアにおける臨床モニタリングデータの向上が期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]