単位用量(ユニットドーズ)による製造の市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR18.2%で成長予測

単位用量による製造の市場規模は、2020年に160億米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR18.2%で成長することが予想されています。同市場に対するCOVID-19の短期的な影響として、需要喚起やパニック・バイイング、原薬の不足、研究開発の変化などが考えられます。また、長期的な影響としては、COVID-19に関連しない製品の承認の遅れ、倫理的問題、健康関連商品の消費の変化、医薬品サプライチェーンの自給自足化などが予測されます。2020年はパンデミックによる影響はあったものの、投薬ミスの削減に役立つことで、単位用量市場の拡大が期待されました。

単位用量調剤の利点は、薬剤が完全に識別でき、実際に投与される瞬間まで剤形の完全性が保護されることです。薬剤が使用されず、容器が無傷であれば、製剤を損なうことなく薬剤を回収することができます。さらに、単位用量で包装された経口固形薬は、FDAの措置の対象となります。

単位用量の再包装は、病院では容器に詰める必要があることから、勢いを増しています。単位用量の使用が増えるにつれ、その安定性、製剤の汚染、製品の有効期限についての懸念が生じてきました。再包装された単位用量製品には、再包装日から6か月以内、または再包装日から元の有効期限までの時間の25%を超えない有効期限が割り当てられ、ラベルが付けられた単位用量の再包装製品については、FDAは不適合に関して措置を講じることはありません。

結論として、ユニットドーズは患者とスタッフの安全基準を向上させ、誤投与の可能性を排除することができます。電子文書の使用により、迅速で効率的なモニタリングが可能となり、液体のユニットドーズを使えば、容器の破損も簡単に見つけることができます。さらに、患者が必要としない薬の費用を削減することも出来ます。

ソーシングの洞察

2020年は、アウトソーシングセグメントが、55.0%を超える収益シェアを獲得し、市場を支配しました。単位用量製造市場は、2028年には3.55倍になると予測されており、同時に最も速いペースで成長すると予想されます。これは、CDMOによるコスト効率、専門的な設備の提供、大量の時間の節約によるものです。

単位投与量を製造する製薬会社は、インハウスセグメントに分類されます。 インハウスセグメントは、アウトソーシング活動の増加により、緩やかな成長になると考えられます。 その主な理由は、中規模製薬企業をサポートする資金とインフラストラクチャが不足していることに起因しています。 また、新規事業の場合には、経験豊富で有能な専任スタッフを確保することは困難です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]