免疫組織化学の市場規模、2030年に39億2,000万米ドル到達予測

免疫組織化学(IHC)の市場規模は、2022年からCAGR8.4%で成長し、2030年には39億2,000万米ドルに達すると予測されています。正確なデータに対する高い需要が技術的進歩を促し、文脈に沿ったデータ解析の提供をもたらしました。マルチプレックスIHC、計算病理学、次世代IHCなどの高度な技術の出現は世界市場を牽引しており、免疫組織化学プロトコルは、臨床病理学、腫瘍病理学、血液病理学、神経病理学のサブスペシャリティで人気を博しています。

この技術は、がん診断の形成に重要な役割を担っており、がんの有病率の増加は、IHCの需要を増加させています。さらに、創薬および開発活動におけるIHCの幅広い応用範囲により、今後の収益成長が期待されます。ホールスライドイメージングとデジタル画像解析は、高精度かつ客観的な評価を提供します。画像解析は、薬物の再配置、標的の検証、患者の層別化、バイオマーカーの発現研究、薬物の有効性と安全性の研究など、創薬のさまざまな局面で使用できます。

この領域がもたらす収益性の高さから、業界の事業者は市場での存在感を強化するために戦略的な取り組みを続けています。例えば、2021年6月、PathAIは、AstraZenecaおよび第一三共株式会社と共同で、乳がんサンプルにおけるHER2 IHC画像の自動定量化を可能にする機械学習ベースのモデルを作成しました。世界の老年人口が増加するにつれ、加齢関連疾患の有病率が大幅に上昇しており、免疫組織化学市場の発展が期待できます。

免疫組織化学市場のハイライト

抗体製品セグメントは、疾患診断や薬物検査のワークフローで実施される、免疫組織化学アッセイに抗体が多く使用されていることから、2021年の市場をリードしています。

診断アプリケーションセグメントは、診断環境におけるIHC検査の広範な適用により、2021年の市場をリードしました。

薬物検査分野は、製薬会社による新薬の発見と開発のための研究開発活動への投資額が増加しており、今後も大幅に成長を遂げると予想されます。

2021年には、病院および診断ラボの最終用途セグメントが最大収益シェアを占めました。研究機関では、創薬活動のためにIHCの採用が進んでおり、今後、最速のCAGRを記録すると思われます。

北米は、高いがん罹患率、主要プレイヤーの存在、医療・バイオテクノロジー分野の発展といった要因が重なり、2021年に最大市場に浮上しました。

アジア太平洋地域では、中国が最速のCAGRで成長すると予測されています。中国における規制当局の認可と新しいIHCソリューションの発売が、同国の市場成長を加速させています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]