不動産ソフトウェアの市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR9.7%で成長予想

不動産ソフトウェアの市場規模は、2020年に93億4,000万米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR9.7%で成長すると予想されています。COVID-19パンデミックの中、世界各地で多数の建設活動が中止されたことで、市場は小幅に減少しました。しかし、既存の顧客データや記録のデジタル化が進み、顧客の購買行動や顧客動向の予測に役立つことから、パンデミック後に市場は回復すると予想されます。人口増加と急速な都市化により、近年、スマートソリューションを利用した大規模なインフラ開発プロジェクトが増加しています。さらに、不動産市場の複数のアプリケーションにクラウドや人工知能などの新しいソフトウェア技術が採用されていることも市場を牽引しています。

不動産ソフトウェアは、ソーシャルメディア、オンライン広告、ウェブサイトなど様々な分野に対応しているため、企業の生産性向上に役立ち、効率的なソフトウェアツールの需要が高まります。さらに、不動産ビジネスのデジタル化の進展や自動化技術の向上などの要因が、近年の不動産ソフトウェア市場にプラスの影響を与えています。機密データのセキュリティ強化やデータ管理技術の向上が求められていることから、企業はソフトウェアソリューションを導入し、顧客維持率の向上を図っています。

不動産ソフトウェア市場の主要ベンダーは、様々な技術を採用して、顧客のニーズにより適した製品を提供しています。仮想化とバーチャルリアリティ(VR)の採用は、時間と資源の節約、遠距離の購入者へのリーチ拡大、ユーザーエンゲージメントの向上に役立つため、市場の成長に貢献すると予想されます。さらに、人工知能(AI)と機械学習(ML)により、企業は時間のかかる作業を自動化することができ、その結果、ROIが向上します。例えば、IBM TRIRIGAは、不動産ソフトウェアに新しいAI機能を搭載しました。この新機能は、施設管理者や不動産管理者がオフィススペースを最適化し、ワークプレイスエクスペリエンスを向上させるのに役立つと期待されています。さらに、ブロックチェーン技術とスマートコントラクトは、取引を簡素化し、ステークホルダーの数を減らし、透明性の向上につながっています。

不動産ソフトウェアは、様々なプロセスやタスクを自動化し、ワークフローを高速化するために採用されています。営業やマーケティング、財務、トップマネジメントなどの社内チームは、不動産ソフトウェアのさまざまなセグメントをモニタリングし、リードに関する情報を収集し、従業員向けのダッシュボードを管理し、受注のための財務データを追跡することで、カスタマージャーニーをよりよく分析することができます。これらの要因により、近い将来、不動産ソフトウェア市場の成長が促進される可能性があります。しかし、高額な投資が必要であることや、従業員のトレーニングコストが高いことが、市場の成長をある程度妨げる可能性があります。不動産管理事業者はオンラインプラットフォームへの移行を進めていますが、不動産ソフトウェアのコストがさらに上昇し、市場の成長を妨げる可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]