米国の医療コンシェルジュの市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR9.39%で成長予測

米国の医療コンシェルジュの市場規模は、2020年に49億米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR9.39%で成長すると予測されています。医療コンシェルジュとは、患者が医師のサービスにアクセスする際に、自己負担のリテーナーフィーを請求される私的な診療形態を指します。これには、診察、24時間体制での医師との連絡、検査、往診、旅行中のケア、専門医の紹介、予防医療、定期的な健康診断などのサービスが含まれます。これらの診療所では、一般的に医師は保険会社を通さずに個別の医療サービスを提供し、月または年単位で一律の料金(メンバーシップおよびコンサルティング)を請求します。このような医療行為は、保険会社や政府の規制が主な原因となっている従来の医療方針とは異なり、医師にとっては救いとなっています。

米国では、患者会員制のケアモデルが徐々に普及しています。医療サービスへの容易なアクセスは患者にとって魅力的であり、それゆえに患者はリテーナー医療を容易に採用しています。メリット・ホーキンスが実施した「2017 Survey of Physician Appointment Wait Times」によると、米国の15大都市では、新規患者が医師とのアポイントメントを取るのに平均24日を要し、2014年からさらに30%増加しています。コンシェルジュケアではこのようなことは起こりません。リテーナー・メディスンの医師は患者数を制限しているため、患者を完全に知るために1回の診察にかける時間が長くなります。Concierge Medicine Todayによると、医療コンシェルジュの医師は、1人の患者に平均45~90分を費やします。これは、患者がケア提供者を完全に信頼するという、患者と医師の関係を築くのに役立ちます。会員制の医療は、個々の患者に合わせた治療への入り口となります。

コンシェルジュケアは、患者にとってだけでなく、医療従事者にとっても有益です。このような背景から、多くの医師がリテーナーモデルに切り替えています。Physicians Foundation 2016 Survey of Americas Physicians」によると、2016年には8.8%の医師が現金診療やコンシェルジュ診療への切り替えを計画していました。Concierge Medicine Today」によると、2017-2018年、コンシェルジュ医師の39%が25万~49万9,000米ドル、18%が20万~25万米ドルの範囲で年収を得ていました。これは、キャリアの満足度が高く、仕事のストレスが少ないことと相まって、多くの医師がリテーナー医療を検討している主な要因となっています。燃え尽き症候群や重労働のために、多くの医師が早期退職を計画しています。医療コンシェルジュの実践は、医師の燃え尽き症候群を軽減し、早期退職を防ぐのに役立っています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]