モジュラー建設の市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR6.4%で成長予想

モジュール式建設の市場規模は、2020年には844億米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR6.4%で成長すると予想されています。手頃な価格の住宅に対する需要が高まっていることに加え、医療や商業インフラの整備に対する投資が増加していることが、市場の成長にプラスの影響を与えると予想されます。

モジュール式建設は従来のものに比べて30~50%の時間短縮を可能にします。同市場は、生産性、効率性、職場の安全性が重視され、建築活動にかかる時間とコストが削減されることから、建築・建設業界から新たな関心が寄せられています。

英国は、モジュール式建設の導入率が高く、主要な市場の1つとなっています。熟練労働者の慢性的な不足、住宅開発への大規模な投資、医療インフラの改善に向けた新たな取り組みなどが、今後、英国市場を牽引すると考えられます。

スウェーデン、カナダ、フィンランドなどの国では、極寒の気候と日照時間の短さが従来の建築方法を抑制しています。その結果、モジュール式建築は従来の方法に代わる選択肢として浮上しています。2020年時点で、スウェーデンの新築住宅の約84%は、何らかの形でモジュール式建築を採用しています。

使用する材料の種類にかかわらず、モジュラー方式は、スケールメリット、スピード、品質管理の改善を可能にし、魅力的な選択肢となっています。さらに、モジュール式建築は、従来の建築方法に伴う廃棄物の発生を大幅に減少させます。

市場の成長を制限する要因としては、認知度の低さ、消費者の品質に対する意識の低さ、資金調達の難しさなどが挙げられます。また、英国、中国、米国などの主要市場における経済減速の脅威は、市場成長の大きな障壁となることが予想されます。

製品に関する洞察

過去10年間、伝統的な建築方法と比較して効率性が向上したことにより、恒久的なモジュール式建築が市場をリードし、2020年には63.8%で最大の収益シェアを占めました。一人当たりの所得が増加し、資金調達が容易になったことなどが、住宅を所有する傾向を強め、市場の成長にプラスの影響を与えています。

発展途上国では、産業界の急速な成長に伴い、手頃な価格の住宅を開発するための財政支出が増加しており、市場の成長を促進すると考えられます。さらに、モジュール式建築の無駄を省くことも、市場の成長を促進すると考えられています。

再配置可能なモジュール構造は、作業現場で労働者に一時的な宿泊施設を提供するために利用されます。また、地方自治体、企業、教育委員会、医療機関などのエンドユーザーが、仮設のオフィスや診療所、仮設のホテル、学校などとして利用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]