ゲノム編集における変異検出キットの市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR17.3%で成長予測

ゲノム編集における変異検出キットの市場規模は、2020年に1億2,690万米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR17.3%で成長すると予測されています。ゲノム編集技術の普及と、ゲノム編集手法の導入を促進するための変異検出キットの開発への投資フローの増加が、市場の成長を大きく牽引しています。ゲノム配列中の多型や未知の変異の発見は、薬理遺伝学、疾病治療、モデル生物を用いた逆遺伝学研究など、広範な研究や臨床分野で重要な意味を持っています。そのため、ゲノム操作分野での変異検出キットの導入が進み、今後の市場成長を促進しています。

DNAの変異検出のための方法が導入されたことで、遺伝子操作技術を使用するプレイヤーの数が増加すると予想されます。例えば、2021年1月には、CRISPR-Cas9によって誘発されるExponential Amplification Reaction(EXPAR)を展開する新しい変異検出法CRISPR-EXPARを実証した研究がNanoscale Journalに掲載されました。

CRISPRは、急速に進化している遺伝子編集手法であり、かなりの数のCRISPR-Cas由来の試薬が、遺伝子編集のための幅広いアプリケーションを促進しています。CRISPR技術は、その有用性と人気の高さから、ゲノム編集の分野では圧倒的な存在感を示しており、近い将来、段階的に改良されていくことが予想されます。いくつかのCas型酵素が発見されており、異なるプロトスペーサー隣接モチーフを用いて設計されています。

現在進行中のCOVID-19パンデミックは、事業プレイヤーに有利な機会をもたらしています。CRISPR-Cas12/13をベースにしたDETECTR、SHERLOCK、PAC-MAN & CARVER、ASO、リボザイム、アンチセンスペプチド核酸、RNAiサイレンシング療法などの遺伝子改変アプローチからなる分子生物学的ソリューションは、従来の診断方法や治療法と比較して、最先端の科学技術を駆使して生み出され、COVID-19の発生を管理する上で重要な役割を果たすと予想されています。

アプリケーション別の技術動向

2020年はCRISPR/Cas9技術が40.0%以上のシェアで市場を支配しています。この技術の登場は、医療診断や遺伝子検査の研究分野に革命をもたらしました。遺伝子治療の採用が増加し、臨床試験中の治療法が多数存在するようになった事で、この分野を牽引することが期待されています。CRISPR技術をベースにした新しいツールの継続的な開発は、同市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]