業務用洗剤の市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR9.7%で成長予測

業務用洗剤の市場規模は、2020年に173億米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR9.7%で成長すると予想されています。商業施設において清潔で衛生的な環境を維持することへの関心が高まっていることが、需要を促進しています。パンデミックの状況下において、COVID-19ウイルスによるリスクを考慮して、企業はこれまで以上に同市場に依存しています。各国での規制やロックダウンが解除され、通常の日常活動に戻った後は、製品に対する需要が、商業部門を中心に大幅に増加しています。業界のプレーヤーはこれらの機会に乗じて、効果的な洗剤の発売に注力しています。

さらに、生産性の向上や企業の業績向上のために、職場の清潔さや衛生面が重視されるようになったことも、市場の成長を後押ししています。清潔な職場環境は、従業員の幸福度と健康度を高め、細菌の蔓延を防ぎ、病気による欠勤を抑制します。Harvard大学とSyracuse大学の研究者によると、職場の空気の質が改善されるだけで、従業員の全体的なパフォーマンスにプラスの影響を与えることが報告されています。

各地域でレストラン、ホテル、病院の数が増加していることが、多様な業務用洗剤の需要に大きく貢献しています。外食産業の拡大は、同市場の成長に寄与すると考えられます。

刺激の強い化学物質を含まない安全なクリーニング製品の需要が大幅に増加しています。多くのクリーニング製品にはアンモニアが含まれており、これは非常に不快なものです。毎日多くの人が訪れる商業施設では、そのような製品は訪問者の全体的な体験を妨げる可能性があります。また、ひどい場合にはアレルギーを引き起こす可能性もあり、特に化学洗浄剤に過敏な人は、くしゃみや咳、涙目などの症状が出ることがあります。

製品に関する考察

2020年の業務用洗剤市場は、表面洗浄剤製品セグメントが、44.0%を超える収益シェアで市場を支配しました。この成長は、表面の消毒や清掃が簡単かつ容易に行えることによるもので、商業用ランドリー、食品・飲料、工業用クリーニング、化学処理産業などのエンドユース産業からの需要が増加しています。また、地域社会の衛生管理に対する企業経営者の意識の高まりも、この分野の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]