米国の電動工具の市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR3.5%で成長予測

米国の電動工具の市場規模は、2020年に101億4,000万米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR3.5%で成長すると予測されています。2020年前半は、COVID-19の蔓延により、生産活動の一時停止、サプライチェーンの混乱、個人消費の減少などの影響で受注が減少しました。しかし、年後半には需要が高まり、市場は前年比で緩やかな成長を遂げました。COVID-19以降は、建設や自動車などの主要なエンドユース産業が復活していることから、安定した成長が見込まれています。

電動工具は、電気や充電池などの動力源で動作するため、手作業を減らすことができます。その操作性の良さから、生産ラインや組立ライン、メンテナンスや修理など、高負荷のかかる作業や高い効率性が求められる用途に適したツールとなっています。また、労働力や時間の削減、持ち運びのしやすさなどのメリットもあり、電動工具の導入にプラスの影響を与えると考えられます。

米国では、ここ数年、建設支出が大幅に増加しており、この傾向は続くと予測されています。これは、政府によるさまざまな有利なイニシアチブに起因しています。例えば、米国政府が2021年1月に発表したインフラ計画では、空港のアップグレード、老朽化した道路インフラや交通システムの近代化、200万戸以上の住宅や商業ビルの改修などが想定されており、このような取り組みは、非住宅建設プロジェクトへの積極的な投資につながり、市場の成長を促進するものと期待されます。

パンデミックの影響で、家で過ごす時間が増えたため、人々は家の改良プロジェクトやDIYを行うようになりました。ホームセンターでは、プロの建設業者からホームオーナーへとパラダイムシフトが起きており、ホームオーナーの間で電動工具の導入が進んでいます。DIYプロジェクトへの関心の高まりを利用して、各ベンダーは、家庭での使用に適した長持ちするバッテリーを搭載した、手頃で使いやすい電動工具を発売しています。この市場では、屋根工事、造園、キッチンやバスルームのリフォームなど、さまざまな用途に応じた多様な電動工具が販売されています。家庭での改良やメンテナンスの増加は、エンドユーザーの新たな層を生み出し、今後数年間の市場成長に新たな道を開くと期待されています。

一方、電動工具の高額なコストが、市場成長の課題となっています。バッテリー、モーター、電源回路などの電子部品やアセンブリを使用しているため、電動工具の価格は従来のハンドツールに比べて高くなっています。さらに、粉塵への曝露、過酷な作業、広範な使用により、これらの工具は過度に消耗し、メンテナンスコストがかさむことになります。さらに、市場の成長を妨げる要因として、法規制の遵守が挙げられます。エンドユーザーは、プロの技術者から趣味や家庭での使用者まで多岐にわたるため、メーカーは、これらのエンドユーザーの安全を確保するために、工業安全規格を遵守しなければなりません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]