合成生物学の市場規模、2021年から2027年にかけてCAGR20.8%で拡大予測

合成生物学の市場規模は、2020年に88億8,000万米ドルに達し、2021年から2027年にかけてCAGR20.8%で拡大すると予測されています。近年の進歩により、合成生物学は、生体材料、バイオコンピューティング、治療用ゲノム編集、生体治療、多重診断と細胞記録、電子インターフェース、第3世代バイオリファイナリーなど、さまざまな用途の技術に革命をもたらしています。ゲノム編集、遺伝子回路設計、メタゲノム探索、自動化された株のエンジニアリング、指向性進化、代謝工学などの分野の進歩により、農業、製薬、バイオテクノロジー企業は合成生物学製品を開発することができるようになりました。これらの製品には、ジアミン、シタグリプチン、レグヘモグロビンなどの化学物質や、ゲノム編集された大豆、CAR-T、人工細菌などの人工的に作られた細胞や酵素によって製造されたものが含まれます。

人口増加と食習慣の変化、資源不足が相まって、栄養分野の研究開発が進んでいます。合成生物学を利用して、いくつかの優れた食品生産プロセスが特定されています。この技術は、食品の生産量の向上や害虫駆除管理の開発に役立つと期待されています。

多くの関係者が、合成生物学を栄養分野の成長を可能にする有用なツールと考えています。例えば、NASAでは、深宇宙を旅している間に人間が摂取できるよう、生物栄養素と生物製造の機能を開発しており、現在は地上でテストを行っています。同様に、Impossible Foods社は、ピキア・パストリスを用いて大豆レッグヘモグロビンを生産し、植物性ハンバーガーの肉の香りと味を向上させています。

製品に関する考察

2020年は、オリゴヌクレオチド/オリゴプールと合成DNAが、35%を超える収益シェアで最大の製品セグメントになりました。同時に、最速のCAGRで成長し、さらに拡大することが予想されます。実験用のカスタムDNAオリゴを設計できるようになったことで、分子生物学や合成生物学などの分野で十分な機会が生まれています。

Integrated DNA Technologies社、Life Technologies社、Operon社、Eurofins社などの企業がカスタムプライマーのサービスを提供しています。さらに、合成コストの低下や、さまざまな用途に使用される合成DNA、RNA、遺伝子の需要の高まりも、この分野の成長に貢献しています。

一方、酵素セグメントは、今後高いCAGRを記録することが予想されています。企業は、効率的で費用対効果が高く、環境にやさしい酵素の生産に注力しています。多くの企業が、遺伝子合成に既存のホスホロアミダイト化学ではなく、酵素化学を採用することに注目しており、酵素合成は、より長い遺伝子を最短のターンアラウンドタイムで提供できる可能性があり、業界の成長を後押しします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]