臨床アラーム管理の市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR 27.5%で成長予測

臨床アラーム管理の市場規模は、2020年に8億6,250万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて27.5%のCAGRで成長すると予測されています。アラーム疲労の増加とコスト抑制の必要性が、市場成長を後押しする要因と考えられます。さらに、様々な慢性疾患の流行に伴う入院期間の長期化や、臨床アラーム管理分野における技術の進歩も、市場の成長を促進すると予想されます。

COVID-19パンデミックの際、アラーム疲労の問題が急速に増加しました。これにより、臨床アラーム管理ソリューションの導入が進み、市場の成長にプラスの影響を与えました。また、様々な研究機関が、技術的に高度なソリューションの開発のために活動を行っていました。例えば、2021年1月、米国ニューヨークの研究者がCOVIDに特化したアルゴリズムを開発しました。このアルゴリズムは、48時間以内に患者が呼吸不全を経験する可能性をランク付けすることで機能します。このような要因からも、臨床アラーム管理市場にプラスの影響を与えています。

アラーム疲労の増加は、臨床アラーム管理ソリューションおよびサービスの需要を高めると予想されます。例えば、Full Beaker, Inc.によると、2019年8月時点で、病院などの医療施設における全アラームのうち約72~99%が誤報であり、これがアラーム疲労につながっています。このような誤警報の増加により、患者の真の問題を臨床医に警告するはずの真の警報が無視されることもあります。この事例も、今後の市場成長の原動力となります。

臨床アラーム管理ソリューションのメリットには、臨床的、運用的、そして経済的なものがあります。臨床的なメリットとしては、患者や家族の満足度の向上、睡眠や休息の改善、アクションを起こさないアラームやアラームプロトコルのギャップの減少、患者の安全性の向上、真の陽性アラームの見逃しの減少などが挙げられます。運用上のメリットとしては、アラーム疲労の減少、スタッフの満足度の向上、燃え尽きの減少、生産性の向上、看護リソースの有効活用などが挙げられます。財務上の利点としては、スタッフの離職率の低下、患者の在院日数の短縮、患者への危害の回避、ICUへの移動による在院日数の延長や訴訟など、コストにまつわる影響が考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]