水素エネルギー貯蔵の市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR4.4%で成長予測

水素エネルギー貯蔵の市場規模は、2020年には141億米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR4.4%で成長すると予測されています。この成長は、発展途上国における急速な工業化と、代替エネルギーの受け入れの増加にあると考えられます。米国では、水素エネルギー貯蔵の研究開発が進んでいることや、本格的な貯蔵プロジェクトが建設されていることから、同市場が大きく成長すると予測されています。H2FIRST(Hydrogen Fueling Infrastructure Research and Station Technology)は、燃料電池技術局が実施している活動の一つで、国立研究所の既存技術や将来の技術に基づいています。

米国では、政府が計画している重要な目標の一つとして、費用対効果に優れた省エネ型の水素ステーションの開発・建設が挙げられます。これらの要因は、米国の市場成長を促進すると期待されています。また、様々な分野で水素の利用が増加していることも、市場の成長を支えている要因の一つです。例えば、水素は、石油精製所での工業用途、定置型燃料電池での発電、燃料電池自動車の燃料としての利用、極低温液体や圧縮ガスとしての貯蔵、疎結合水素化物としての利用などが考えられます。

国際再生可能エネルギー機関(IRENA)によると、再生可能水素が化石燃料で生産された水素と競争力を持つためには、1kgあたり2.5米ドル以下で生成される必要があると言われています。この価格は、製造場所、市場セグメント、再生可能エネルギーの電力料金、将来の電解槽への投資など、いくつかの要素に左右されます。水素の製造価格が低いと、そのエネルギー貯蔵システムの導入が促進されます。燃料電池自動車、グリッドサービス、通信サービスなどの最終用途における水素貯蔵の需要が高まっていることから、市場で活動している業界プレーヤーは、自社施設と最終用途の統合を進めています。

技術に関する考察

2020年は、圧縮貯蔵技術セグメントが40.30%と圧倒的なシェアで市場を占有しました。これは、圧縮水素が様々な分野で幅広く利用されていることに起因しています。圧縮水素は、オンサイトの定置型発電、水素充填ステーション、道路交通で使用される燃料電池車などに使用されます。さらに、圧縮技術は水素をシリンダーに貯蔵する際に使われ、製造業や化学工業などの産業用途に採用されます。

液化技術は、Linde社、Air Liquide社、Air Products & Chemicals社などの産業用バルクガス供給会社が、石油・ガス産業や化学産業などの産業用エンドユーザーに、一括して水素を輸送するために使用されています。工業プロセスでバルク水素を必要とする工業用エンドユーザーは、液化技術を選択しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]