米国における鉄筋の市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR7.7%で成長予測

米国における鉄筋の市場規模は、2020年に46億米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR7.7%で成長すると予測されています。米国では、インフラ投資への注力が市場関係者にとって重要なセグメントであり、長期的に需要を促進する可能性が高いと考えられます。

米国のインフラ分野は投資不足に直面しています。米国土木学会(ASCE)の2017年の調査によると、この分野の投資ギャップは今後10年間で2兆1,000億米ドルに達すると予測されています。さらに2021年には、このギャップは10年間で2兆5,900億米ドルに増加しています。一方、2021年の最新レポートでは、インフラのGPAがD+からC-への改善が見られました。

2020年は、米国でロックダウンが実施されたことにより、産業活動が停止し、鉄筋製品の川下需要が激減しました。しかし、米国政府が鉄鋼製品を必須製品に指定したことで、短期的には市場の勢いが保たれました。また、2021年に鉄鋼価格は急激に上昇しました。これは、鉄鋼生産の遅れとCOVID-19からの回復に伴う需要の急増によるものです。また、2020年は、サプライチェーンの混乱によるボラティリティーのため、生産者にとって厳しい年となりました。米国国勢調査局によると、2020年第4四半期の未充填注文は過去5年間で最高水準に達した一方、在庫は3年半ぶりの低水準となりました。

アプリケーションに関する考察

2020年の米国の鉄筋市場は、インフラ分野がCAGR8.0%で成長すると予想されています。インフラギャップを縮小するために、米国政府は様々な投資計画を導入しています。例えば、2019年の予算では、インフラ整備、収益源の創出、調達方法の近代化を優先するために、1,000億米ドルのインセンティブが提供されました。

また、2021年3月にはバイデン政権が、国内のインフラ整備に2兆米ドルを投資する計画を提案しました。これにより、2万マイル以上の道路、高速道路、大通りが整備されます。また、経済的に重要な10の橋を修理し、1万の小さな橋を修理することになります。このように、インフラ整備への長期的な投資は、今後数年間にわたって鉄筋の需要を押し上げると予測されます。

また、建設分野は市場の長期的な成長を支えることが予想されます。2020年は41.5%の最大収益シェアで市場を支配しました。鉄筋製品は、高強度かつ軽量であることから、商業施設や住宅に広く利用されており、建物の基礎にかかる負荷を軽減し、経済的な節約効果を高めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]