工業用コーティングの市場規模、2030年に1122億2000万米ドル達成予測

工業用コーティングの市場規模は、CAGR3.5%で成長し、2030年には1122億2000万米ドルに達すると予想されています。航空宇宙、エレクトロニクス、発電、鉱業、海洋、石油・ガス、自動車、リファイン産業からの製品需要の増加が、市場成長を促進すると考えられます。工業用コーティング剤は、熱交換器、鉄骨構造物、コンテナ、コンクリート、家具、家電製品、運搬機器などを熱や湿気から保護するために、一般工業用途に広く使用されています。これらのコーティングは、化学的攻撃、摩耗、腐食から機器を保護し、製品の効率を向上させるのに役立ちます。

また、インド、中国、ブラジルなどにおける急速な工業化や、多くのメーカーの存在が、一般産業用途での製品需要に拍車をかけると予想されます。アクリル製品セグメントは、2022年から2030年にかけて最速のCAGRで成長すると予測されます。アクリル工業用塗料は、良好な接着性、耐食性、速乾性、バリア性および抑制性などの理由から、自動車および自動車再塗装、一般産業、航空宇宙など、エンドユース産業の、機械設備、新築・改修、自動車、複合輸送機関などで広く使用されています。

アルキド塗料は工業環境において金属塗装を中心に使用されています。優れた光沢と色保持性、耐食性を持っていることから、急速に成長しており、金属の耐久性を高めるため、船舶、自動車部品、石油・ガスプラント、タワー、橋梁など、さまざまな構造物のコーティングに使用されています。水性コーティングセグメントは、2022年から2030年にかけて最速のCAGRで成長することが見込まれます。コーティング層からの水の蒸発が速く、溶剤ベースのコーティングよりも速く乾燥します。その結果、表面皮膜を形成することなく、高い速乾性を実現します。水性コーティングは、溶剤ベースコーティングだと基材に反応してしまう場合に使用されます。

工業用コーティングは、耐食性、耐熱性に優れているため、下塗りとして最適です。また,VOC含有量が少ないため毒性が低く,有害な大気汚染物質の排出が少なく,難燃性が高いなどの特徴があります。米国と欧州では、塗料に含まれる溶剤に関する法律が厳しいため、水性塗料の使用は増えると考えられます。粉体塗料セグメントは、高い成長を遂げると予測されています。粉体塗料は、他の塗料に比べて耐久性に優れ、環境にも優しいのが特徴で、溶剤を使用しないためVOC含有量はわずかで、環境保護規制を効率的に遵守することができます。

粉体塗料は農業機械、自動車、機械部品、建物の外壁、電気設備などに広く使用されており、腐食を防ぎ、厚い塗膜を提供します。ブラジル、インド、中国におけるトラクターなどの農機具の需要の増加が、粉体ベースの工業用コーティング剤の需要を押し上げると予想されます。過去数年にわたり様々な戦略的イニシアチブが記録されています。例えば、2019年7月、Axalta Coating Systems, LLCは、木材コーティングに使用する新技術「Amarium Pre-Catalyzed Lacquers」を展示しました。この新技術は、紫外線から表面を保護することを目的とし、木製家具やキャビネットなどの内装木材を含め、さまざまな用途に使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]