医療現場における自動縫合器の市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR6.7%で成長予想

医療現場における自動縫合器の市場規模は、2020年に27億米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR6.7%で成長すると予想されています。外科手術件数の増加、慢性疾患の増加、心臓手術、整形外科手術、消化器外科手術、婦人科手術などに対し、低侵襲手術(MIS)が選択される傾向にあること、事故や外傷の件数が増加していることなどが、市場の成長を牽引していると考えられます。一方、機器の高コスト、製品の入手困難、熟練した専門家の不足などが、発展途上国を中心とした市場の抑制要因となっています。

交通事故件数の増加は、自動縫合器の需要増加につながる要因の一つです。世界保健機関(WHO)によると、非致死性の傷害だけでも年間2,000万件以上に上ると言われており、創傷事故の発生率の増加は、結果的に自動縫合器市場の成長にプラスの影響を与えることが予想されます。その他の事故としては、火傷関連の怪我、スポーツによる怪我、外傷、転落事故などがあります。米国火傷協会によると、火傷による入院は全体の約44%を占めています。重度の怪我の多くが外科手術を必要とするため、自動縫合器市場の成長に大きく貢献しています。

高齢者人口の増加は、自動縫合器市場の成長を加速させる主な要因です。Department of Economic and Social Affairs Population Divisionによると、60歳以上の高齢者の割合は、1990年の9.2%から2013年には11.7%に増加しており、2050年には21.1%になると予想されています。60歳以上の人は、心血管疾患、整形外科疾患、神経疾患などの病気のリスクが高いと言われています。そのため、高齢者人口の増加と外科手術の必要性が、自動縫合器の需要を押し上げることが予想されます。一方、高齢者における術後の合併症のリスクは、同市場の成長を制限する可能性があります。

OMICS International Conferences, 2015によると、全世界で年間約2億3400万件の外科手術が行われています。また、Plastic Surgery Statistics Reportによると、米国では2017年に1,750万件の美容外科手術および低侵襲手術が行われました。これらの点からも、自動縫合器の使用率は、今後さらに増加することが予想されます。

アプリケーションに関する考察

2020年の自動縫合器市場では、心臓部門が最大シェアを占めました。心血管疾患の増加と外科手術の増加が、心臓部門での採用に寄与する主な要因です。冠状動脈性心臓疾患と虚血性心疾患は、死亡原因の上位を占める主要な疾患です。米国心臓協会は、心停止による入院患者数が2030年までに2,360万人近く増加すると予想しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]