北米のメタリック仕様のバーンドアの市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR3.5%で成長予測

北米のメタリック仕様のバーンドアの市場規模は、2020年には2億5,750万米ドルとなり、2021年から2028年にかけてCAGR3.5%で成長すると予測されています。同市場は、今後も引き続き健全な成長が見込まれており、同地域のホームセンターへの支出が増加していることや、住宅建設活動が活発化していることに起因しています。北米では、住宅改修・改築の増加に加え、従来のドアに比べて機能的・経済的メリットがあることから、メタリックバーンドアの需要が高まっています。耐久性に優れた頑丈なメタリックバーンドアは、北米の農家やカントリーサイドの住宅に広く採用されています。さらに、家庭用建物の嗜好の変化に伴い、農家やカントリーサイドのみならず、バーンドアは流行の主役に欠かせない存在となっており、米国の住宅建設プロジェクトにおいて重要な建築物の1つとなっています。

また、どのようなタイプのドアであっても、購入を決定する際にはコストが重要な役割を果たします。スライド式のバーンドアは、スタイリッシュで機能的にも価値がありますが、従来のドアよりもコストがかかります。バーンドアは、スイングドアよりもコストが高いかもしれませんが、耐久性と操作性の良さで、長い目で見ればかなりの節約になるかもしれません。金属製のバーンドアは、機能性、スタイル、外観、耐久性の面で様々なメリットがあり、住宅のリフォームや建て替えに関する費用を節約できる可能性があります。

さらに、市場に出回っている金属製のバーンドアの大半はアルミ製で、安価ではありますが品質は低いです。金属製のバーンドアでは、ステンレスや銅の方が丈夫であり、使い古したような外観を求める消費者は、スチール製のバーンドアを選択します。スチール製のドアの唯一の欠点は、時間が経つと錆びた部分が目立ち、空間の美観に合わない可能性があることです。

2020年初頭に発生したCOVID-19パンデミックにより、国内の鉄鋼製品メーカーはロックダウン命令を受け、製鉄所が閉鎖されたことで深刻な供給不足に陥りました。この間、強制的な操業停止により鉄鋼需要も少なく、2020年8月までは何とか価格が抑えられていました。しかし、2020年8月以降、規制が緩和されると、鉄鋼の需要が供給を上回るようになり、この傾向は建設業界にも見受けられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]