北米における単位用量製剤の市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR16.9%で成長予測

北米の単位用量(ユニットドーズ)製剤の市場規模は、2020年に62億米ドルと推定され、2021年から2028年にかけてCAGR16.9%で成長すると予測されています。同市場の成長は、投薬ミスの削減など、ユニットドーズに関連するさまざまな利点が主な要因となっています。また、薬剤管理や薬剤使用状況のモニタリングにも重要な役割を果たす上、薬剤師の作業パターンやスケジュールの管理を容易にし、薬剤のクレジットを最小限に抑えることができます。

COVID-19パンデミックは、ヘルスケア市場、特に製薬業界に大きな影響を与え、社会経済的な負担を抑えるため、効果的な計画を必要とするようになりました。その結果、需要、規制の調整、研究開発プロセス、通信・遠隔医療の利用傾向などに変化が見られました。パンデミックの医薬品分野への長期的な影響としては、COVID-19関連以外の医薬品の承認の遅れ、医薬品のサプライチェーンにおける自給自足への移行、物流・サプライチェーンの技術進歩、倫理的ジレンマなどが挙げられます。

単位用量包装された経口固形医薬品は、指定された基準が満たされている限り、有効期限の規制に違反した場合のFDAの措置の対象にはなりません。 この勧告は、病院や介護施設向けの固形経口薬を単位用量の容器に再包装する傾向が高まっていることに対応して作成されました。ユニットドーズの再包装が増加するにつれ、これらの医薬品の安定性試験や適切な有効期限に関する懸念が生じています。再包装された単位用量医薬品の有効期限は、再包装された日から6ヶ月、または再包装された日から元の有効期限までの期間の25%のどちらか短い方が割り当てられます。このラベルが貼られている場合、FDAは安定性試験によって決定された有効期限との不適合を指摘することはありません。

評判の良い会社で製造された単位用量は、品質とコンプライアンスの実績など様々な利点があります。これにより、患者のケアに充てられるリソースが確保され、スタッフには時間的な余裕が出来ます。さらに、パートナーであるグループ組織や販売店を通じて、数日で入手できる場合が多く、時間の節約、専門的な知識、費用対効果に優れています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]