北米のアンバーガラス包装の市場規模、2020年から2028年にかけてCAGR2.3%で成長予測

北米のアンバー(琥珀色)ガラス包装の市場規模は、2020年には25億2,020万米ドルと推定され、2020年から2028年にかけてCAGR2.3%で成長すると予測されています。北米では、政府や産業界による持続可能な包装への取り組みが活発化していることから、今後もガラス包装の需要が拡大すると予測されています。アンバーガラスは、シロップ、飲料、カプセル、錠剤などの包装に使用され、これらの内容物を日光から保護することで、保存期間を延ばすことができます。また、緑や青などの他の色ガラスに比べて、光に敏感な製品を保護する効果が高いため、今後数年間で人気が高まると予想されています。米国では、ワイン、ビール、酒類の消費量が増加しており、これがアンバーガラス瓶の需要を促進すると予想されます。

Wine Instituteの報告によると、米国ではスパークリングワインやシャンパンの出荷量が2016年の2,444万3千900リットルケースから2020年には2,848万5千900リットルケースに増加しています。 ガラス製造に使用される主な原材料には、シリカまたは二酸化ケイ素、ソーダ灰、石灰石などの鉱物が含まれます。全米工業用サンド協会によると、シリカはガラス製品の最終重量の約70%を占めています。酸化鉄(Fe2O3)の粉末は、琥珀色のガラスを製造する際の着色剤として使用されます。

琥珀色のガラスを作るには、原料を約1,500℃に加熱して溶かす必要があります。炉の温度を上げるためには、大量の燃料が必要となり、また、燃料を燃やすことで、有害なガスが発生します。そのため、O-l社のMAGMA溶融技術のように、化石燃料の代わりにバイオ燃料や水素を利用して溶融プロセスを行うなど、新しい技術や再生可能なエネルギー資源を採用しています。また、再生ガラスやカレットを使って溶融温度を下げる努力もしています。

ガラスパッケージのメーカーは、競争上の優位性を得るために、常に幅広い技術の開発に取り組んでいます。例えば、Gerresheimer AGは、2019年10月に米国ニュージャージー州で新しいガラス技術センターを開始しました。このイノベーションセンターは、新製品開発をさらに強化することを目的としています。紫外線(UV)ガラスの出現は、アンバーガラス市場の成長を抑制すると予想されています。Premium Vials、MIRON Violetglass USA, Inc.、Infinity Jarsなどのプレイヤーは、スパイス、コーヒー、食用油、香水などの保存用に設計されたUVガラス製の瓶やボトルを提供しています。UVガラスは、アンバーガラスとは異なり、UV-A光を選択的に透過させることで、包装内容物の保護に役立ちます。

COVID-19の発生は、ビールやワインのボトル、化粧品などの非必需品の販売低下により、2020年初頭の市場にマイナスの影響を与えました。例えば、O-I社のAnnual Report 2020によると、同社の米州セグメントの売上高は、パンデミックの影響により、2020年には2019年に比べて8%減少しました。この売上減少は、米国のアルコール飲料メーカー向けのガラス容器の出荷量が減少したことによるものです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]