業務用テーブルウェアサービスの市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR4.7%で成長予測

業務用テーブルウェアサービスの市場規模は、2020年に77億米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR4.7%で成長すると予測されています。フードサービスやホスピタリティ産業の著しい発展に伴い、サービングウェアの採用が増加していることが、商業部門におけるテーブルウェアサービスの需要を大きく牽引しています。さらに、可処分所得の増加、ライフスタイルの変化、ソーシャルダイニングを推進する社会的傾向の高まりなどが、業務用テーブルウェアサービスの需要の増加に寄与しています。

レストランにおけるセルフサービスキオスクの進化により、業務用テーブルウェアサービスの導入が大量に増加しています。ホリデーパーティー、ビジネスミーティング、結婚式などのイベントでは、大勢の人に食事を提供する必要があり、ビュッフェシステムが理想的なサービスオプションであると考えられています。このような状況下では、皿やボウル、カトラリーなどの食器類やその他のビュッフェ製品の導入が進むと予想されます。

COVID-19パンデミックにより、世界中で業務用テーブルウェアの需要が大幅に減少しました。このパンデミックの影響で、世界中の何十万人もの人々が家に閉じこもったことで、ピクニックやパーティー、お祝い事などのレジャー活動が大幅に減少しました。そのため、人との交流や集まりが中止になり、業務用テーブルウェアサービス市場にとって大きな問題となっています。

発展途上国では都市化が急速に進んでおり、業務用テーブルウェアサービスの市場に好影響を与えています。同時に、オフィスビル、ホテル、小売店、ショッピングモール、病院などの商業インフラの建設に向けた各国の投資が拡大しており、多様な業務用テーブルウェアサービスの需要が高まっています。

カナダや米国では、インドなどの国からの移住者が増加している事から、北米地域における業務用テーブルウェアの需要が高まっています。これらの国では、インド人によるレストランやカフェ、小規模飲食店がオープンする傾向が顕著になっており、業務用テーブルウェアサービスに多くの市場機会をもたらしています。

流通チャネルの分析

2020年には、オフラインの流通チャネルが最大のセグメントとなり、同年の収益シェアは92.6%となりました。このセグメントは、2021年から2028年までCAGR 4.8%で増加すると予想されています。オフラインの流通チャネルでは、多種多様な製品が用意されていることに加え、割引やオファーがあることから、消費者はスーパーマーケットや専門店、小売店などでテーブルウェア製品を購入するようになっています。オンラインチャネルのセグメントは、2020年には7.4%の売上シェアを占めており、2021年から2028年にかけて、2.8%のCAGRを示すと予想されています。このセグメントの成長は、オンラインで製品を注文することによる容易さと利便性に起因しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]