装飾入りアパレル(被服)の市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR11.9%で成長予測

装飾入りアパレル(被服)の市場規模は、2020年に215億米ドルとなり、2021年から2028年にかけてCAGR11.9%で成長すると予測されています。アパレルへの刺繍、スクリーン印刷、昇華、熱転写加工の需要が増加していることが、同市場の成長を牽引しています。また、アパレルにおける反射仕様の需要が高いことも、市場関係者に成長機会をもたらしています。さらに、トレンドの変化に伴うグラフィックTシャツやその他の衣料品の需要の高まりも、今後の製品販売に貢献します。

2020年前半に発生したCOVID-19アウトブレイクは、装飾入りアパレル市場に多大影響を与える可能性があります。同市場の成長は、アパレルの成長に直結しており、また、中国は世界最大のアパレル市場であることから、アパレル業界は中国市場の成長に大きく依存しています。国内市場は、今後、COVID-19の影響から速やかな回復が考えられますが、輸出市場は当面の間、収益面で苦戦が予想されます。

インドの繊維市場は、コロナウイルスの発生による需要の縮小から、糸や生地などインド原産の材料の輸出に影響が及びました。2020年まで、綿糸を中心とした糸の輸出が半減しており、インドの紡績工場に深刻な影響を与えることが予想されます。

装飾付きアパレルに対する消費者の需要は、過去20年間で世界的に高まっています。装飾入りアパレルの人気は、裕福な消費者層の範囲を超えて、世界中の多様な層にまで拡大しています。世界中の消費者の間でブランド衣料の人気が高まっていることから、ステータスシンボルとしての高級衣料を求める傾向が強まっており、装飾付きアパレルの用途を後押ししています。

装飾付きアパレルは、裕福な一部の消費者に限られたものではなく、複数のプレイヤーがマスマーケティングにも関わっています。装飾付きアパレルに対する認識は、ここ数年で異なる文化ごとに大きく変化しています。急速なグローバリゼーションと、消費者間で経済的安定が進んだことにより、装飾付きアパレルの需要は増加しています。

スクリーン印刷からデジタル印刷への進化は、市場において大きな意味を持っています。スクリーン印刷は、安価な労働力を提供するインドや中国などの国に生産能力をシフトさせており、ファストファッションのムーブメントには欠かせない技術です。さらに、スクリーンやその保管コストが高額であるため、デザイナーや企業の活動は制限される可能性があります。

一方、経営者や消費者の間では、環境負荷の低減やパーソナライズの柔軟性の向上などの要因により、デジタルプリントされたアパレル製品に対する需要が高まっています。装飾入りアパレル市場では、高解像度のプリントやパターンへの人気が高まっており、インクジェット技術の導入は、ファッションコレクション、ビジネスモデル、サプライチェーンなどに幅広い影響を与えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]