低糖質フルーツスナックの市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR9.7%で成長予測

低糖質フルーツスナックの市場規模は、2020年には19億米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR9.7%で成長すると予測されています。免疫力を高めるための必須ビタミンやミネラルの需要が高まっていることに加え、食物繊維を強化した製品の需要が向上していることが、同市場の成長を後押しすると考えられます。COVID-19パンデミックの発生は、ベジタリアン、グルテンフリー、ミートフリーの低糖質スナックの強い需要に貢献しており、同時に、自宅で過ごす消費者が増えていることから、体重管理や個人の健康への関心が高まっています。

米国では、2020年にフルーツバーが最大の製品セグメントとして登場しました。消費者は、家庭や職場で、健康的なスナックを摂取する習慣に徐々にシフトしています。NDP Groupが2021年1月に発表したデータによると、米国の消費者は、砂糖の含有量が少ない健康的なスナックやナッツ、すぐに食べられるスナックに注目しています。

消費者の間で健康的な食事への需要が高まっていることが、今後の市場を牽引すると予想されます。さらに、健康やウェルネスへの関心の高まりと多忙な生活とが相まって、食生活の嗜好の変化に拍車をかけ、業界の成長を促進するものと考えられます。

同市場の成長は、消費者の嗜好が外出先での便利で健康的な間食にシフトしていることに起因しています。低糖質のフルーツスナックは、ビタミン、カリウム、マグネシウム、食物繊維を豊富に含み、心臓病、高血圧、肥満のリスクを低減するため、食事の代わりとして利用されています。

一般的な加工食品に比べて、栄養価の高い加工食品を好む消費者が増えていることも、市場の成長を後押しすると考えられます。健康的な食品を食べることの必要性やその栄養成分に関する消費者の知識が高まっていることから、市場は大きく成長すると予想されます。

製品に関する考察

2020年は、フルーツバーが40.0%を超える最大の売上シェアを占めており、今後も最大シェアを維持すると考えられます。フルーツバーは、果物よりも栄養価が高く、栄養素が凝縮されているため、便利な食品として登場しました。さらに、ストロベリーやオレンジなどの味は、天然の糖分を含んでいるため人気を集めています。

消費者は、より多くのフレーバーと適切な食感を持つフルーツバーを好みます。これは、バランス良い成分、適切な製造工程、製品の水分レベルのコントロールによって達成されます。パルプ、フレッシュフルーツやドライフルーツ、低糖分、結合剤を混ぜ合わせるという新しいトレンドが台頭してきており、市場の成長につながると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]