果物と野菜のチップスの市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR6.4%で成長予測

果物と野菜のチップスの市場規模は、2020年には477億米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR6.4%で成長すると予測されています。この需要は、便利で機能的、かつ風味豊かな簡単に持ち運べるスナックへのシフトに支えられています。また、健康志向の高い消費者の間では、健康的な間食や植物由来の食生活が新たなトレンドとなっており、市場の成長を大きく後押しするものと考えられます。

COVID-19パンデミックは、果物と野菜のチップスの需要にプラスの影響を与えました。ライフスタイルの変化に伴い、果物や野菜をチップスやスナックの形で摂取する傾向が今後数年間で高まると推測されます。消費者は、便利ですぐに食べられ、健康志向の高いスナックを求めており、これが果物と野菜チップス市場に大きな成長をもたらしています。ミレニアル世代や健康志向の大人たちは、便利で健康的なスナックに高い支払いをすることに抵抗がありません。2021年6月の全米オンライン消費者調査では、パンデミックの発生後、約31.0%の消費者がビタミンやミネラルを含むスナックを購入したいと思っていることが報告されました。

米国では、ストレスや座りっぱなしの生活などが原因で、肥満や糖尿病などの健康問題が増加しています。また、肥満はアメリカの公衆衛生上の危機として報告されています。Trust for America’s Healthによると、2020年の米国の成人肥満率は42.4%で、2008年から26%上昇しています。このような人口動態の変化に伴い、より健康的なスナックにシフトし、健康的な体重を維持しようとする消費者が増えています。

油を使ったスナックの過剰摂取は、コレステロールやカロリーの面から有害であると考えられています。そのため、消費者は植物性のスナックや、チアシード、ニンジン、サツマイモなどの穀物を使用していないスナックに関心を寄せるようになりました。さらに、果物や野菜のチップスは、美味しく、かつヘルシーなので、非常に人気があります。

2020年11月にAmerican Journal of Agriculture Economics誌に掲載された記事によると、パンデミックの際に新鮮な果物や野菜の需要が高まっており、これが製品の採用を促進し、今後数年間の市場全体の成長を後押しすると考えられます。

製品メーカーは、消費者からの需要に応えるために、原材料の生産、サプライチェーンを復活させ、より健康的なスナックを発売しています。例えば、2021年6月、Terraブランドは、サワークリーム&オニオン、シーソルト&ビネガー、スクリーミンホットなどのフレーバーの3種類の野菜チップスを発売しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]