磁気ビーズの市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR14.6%で成長予測

磁気ビーズの市場規模は、2020年に22億9,000万米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR14.6%で成長すると予測されています。生物学的・遺伝学的研究プロセスにおける製品需要の増加が市場を牽引すると予想されています。2020年には、バイオメディカル業界における研究活動に伴い、磁気ビーズの需要が増加しました。著名な研究所がCOVID-19を検出する媒体を見つけるために多額の支出をしていることが、2020年の製品需要を支えています。さらに、ウイルス検出用のテストキットへの応用により、磁気ビーズの需要が急増しています。

米国メディケア・メディケイドサービスセンターによると、米国の磁気ビーズ市場への支出は2019年に約4.6%成長し、3.8兆米ドルの金額に達しました。この支出は、医療技術の進歩、医療分野における医療機器の価格上昇、高齢化による医療サービスへの需要などの要因により、増加すると考えられます。

また、遺伝子や微生物の研究活動への投資が増加していることも、今後、磁気ビーズの需要を押し上げる要因になると考えられます。磁気ビーズの主な用途には、次世代シーケンシング(NGS)、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査、タンパク質精製、磁気活性化セルソーティング(MACS)などがあります。

磁気ビーズは、NGSのワークフローにおいて、核酸の精製や分離、NGSプロセスにおけるサイズ選択など、多くの用途で使用されています。NGS技術は、他のシーケンス技術に比べて利点があるため、医療業界での利用が増えています。このことが市場の成長を促進すると予測されています。NGS技術が提供する利点には、低頻度の変動を検出する高い感度、迅速なターンアラウンドタイム、大量のサンプルなどがあります。

市場の新たな展開として、表面からSARS CoV 2(COVID-19)サンプルを精製するために磁気ビーズが利用されるようになりました。また、これらのビーズは、綿棒、輸送媒体、血液などから総核酸(DNAおよびRNA)を高感度で検出するためのキットにも使用されています。

アプリケーション別の洞察

2020年は、体外診断用アプリケーションセグメントが、55.0%を超える売上シェアで市場をリードしており、今後も飛躍的成長が見込まれています。様々な科学者や製薬会社による、分子内の生理的・化学的メカニズムを解明するための細胞研究の需要は、磁気ビーズの需要をさらに増加させ、市場の成長に大きく貢献すると予想されます。

人口の増加、感染症や慢性疾患の増加、個別化医療製品の増加などにより、ヘルスケア製品の需要に拍車がかかっています。このような動向を受けて、医療機器メーカーや科学研究所の専門家は、磁気ビーズ技術を用いた体外診断法を追求しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]