ストレッチマーク(妊娠線、肉割れ)対策製品の市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR5.1%で成長予測

ストレッチマーク対策製品の市場規模は、2020年には12億米ドルとなり、2021年から2028年にかけてCAGR5.1%で成長すると予測されています。不健康なライフスタイルの普及による肥満問題の増加が、同市場の成長を牽引しています。また、妊娠中の女性が出産後に妊娠線を消すために肌への関心を高めていることも、市場の成長を促進すると考えられます。スキンケア、化粧品、ヘアケア、パーソナルケアなどの美容・パーソナルケア産業は、COVID-19の流行による影響を受けており、小売店やコンビニエンスストアの閉店が相次ぎ、世界市場におけるストレッチマーク対策製品の売上が減少しています。

ストレッチマークは、思春期などの体の成長期に出現します。また、急に体重が増えたり減ったりした人の皮膚にもよく見受けられます。2020年に発表されたTrust for America’s Healthのレポートによると、米国の成人肥満率は42.4%となり、全米の成人肥満率は2008年から26%上昇しています。肥満に関する関心の高まりが、ストレッチマーク対策製品の消費を後押しすると思われます。

さらに、カロリーの高いファストフードを多くの人が利用するようになった事も、ストレッチマーク対策製品の需要が高まると考えられます。従来、同製品は、クリームやローションの形で提供されることがほとんどでした。しかし、最近では、多くのブランドがボディバター、美容液、マッサージオイルなどの形態でこれらの製品を提供しており、新しい形態の製品を選択する消費者が増えています。

マッサージオイルは、世界中の女性に広く愛用されており、WeledaやBio-Oilなどの有名ブランドの商品に人気が集まっております。これらの製品には、ココナッツオイル、アーモンドオイル、オリーブオイル、パームオイル、タマヌオイルなどが使われており、妊娠線のシミを目立たなくすることで知られています。

米国皮膚科学会によると、初期の妊娠線のシミにヒアルロン酸やトレチノインを塗ると、シミが目立たなくなると言われています。そのため、多くのブランドがこのような特定の成分に着目して製品を製造・販売しています。例えば、EコマースのSkinSocietyでは、Eucerin、Elancyl、Lierac Parisなどのブランドが提供する、ヒアルロン酸を配合した製品を販売し、その効果を説明しています。

日本は、アジア太平洋市場の中でも同製品の消費量の多い国の一つであり、2021-2028年の間に5.4%のCAGRで成長すると予想されています。地域のプレーヤーが製品を広く入手できることが、国レベルの成長に貢献している主な理由です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]