医療用ERPの市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR6.6%で成長予測

医療用ERPの市場規模は、2020年に62億米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR6.6%で成長すると予測されています。医療費の増加、非効率的な病院サービス管理、労働力不足、医療施設における患者数の急増などにより、官民の関係者は医療提供の新しい方法を模索しています。医療従事者は、高品質な患者ケアの提供、業務コストの削減、バックエンド業務におけるデータサイロの解消など、先進的な技術ソリューションに関するメリットを意識し始めており、ERP(エンタープライズリソースプランニング)ソリューションの需要拡大に影響を与えています。

中小企業におけるERPシステムの導入率の高まりは、運用コストの削減と機能的な成果の向上を目的とした需要に起因しています。患者データを一元管理することで、遠隔地からのシームレスなアクセスが可能となり、患者獲得や患者管理技術の向上につながります。また、人事、製造・在庫、サプライチェーンサイクル、財務・会計などのデータを統合し、給与管理、口座管理、在庫管理などのバックエンドプロセスの最適化を実現します。薬局や研究所では、在庫管理、POSプロファイル、会計、購買、販売などにERPシステムの導入が始まっています。

研究所や施設では、クラウド型ERPシステムの導入が急速に進んでいます。クラウド型ERPシステムには、最小限の所有コスト、機動的で柔軟なインフラ容量、限られた社内の技術的専門知識、低資本、継続的なアップグレードなど、さまざまな利点があります。オンプレミス型のシステムは高額な資本支出を必要とし、およそ5,000万ドルから1億5,000万ドルかかるため、中小企業は急速にクラウド型のERPシステムを採用しています。クラウドベースのシステムは、先行投資を必要とせず、定期的な料金に基づいています。

COVID終息後の見通し

COVID-19パンデミックは、労働力に負担をかけ、既存のシステムの欠点を露呈させ、需要と供給のサイクルを混乱させました。遠隔医療や従業員のリモートワークへのシフトが進む中、企業はクラウドサービスを導入し、データへのシームレスなアクセス、ワークフローの合理化、在庫やサプライチェーン管理機能の自動化、財務および臨床結果の改善を行っています。パンデミックの際、多くの病院が ERP の本稼働を計画しました。例えば、米国のCentraCare healthcare systemは、Oracle Cloudの導入を決定しました。このERPソリューションは、CentraCare社のサプライチェーンを強化し、パンデミックの管理における同社の地位を向上させました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]