英国のバイオテクノロジーおよび医薬品サービスのアウトソーシングの市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR6.9%で成長予測

英国のバイオテクノロジーおよび医薬品サービスのアウトソーシングの市場規模は、2020年に23億米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR6.9%で成長すると予測されています。これは、臨床開発の失敗率の高さと相まって医薬品開発コストが増大していることや、研究開発活動のアウトソーシングが増加していることによるものです。近い将来、多くの医薬品の特許が切れることから、これらのアウトソーシングがバイオシミラー市場を牽引すると考えられ、企業の研究開発活動が活発化し、ジェネリック医薬品の商業化が進むことが予想されます。実現可能なタイムラインとコストでジェネリック医薬品を市場に投入することは、CRO(医薬品開発業務受託機関)の需要を促進すると思われます。

アウトソーシングは、数十億ドル規模の産業に発展しています。支出の大部分は初期開発に向けられており、年間支出の約3分の2が外部委託されています。アウトソーシングのメリットは、多くの企業が懸念しているコストと、プレフォーミュレーションプロセスの質を高め、最終的なフォーミュレーションのための先進技術を実現することです。

製薬会社やバイオテクノロジー企業は、CROに法的代理権を提供してもらいます。複雑で目まぐるしく変化する医療ルールのため、近年、特に欧州では法的代理人の需要が大幅に増加しています。例えば、欧州での臨床試験は、スポンサーがEUに登録された企業でなければ実施できません。EU加盟国のいずれかで臨床試験を実施するためには、欧州に拠点を置く企業が提供する法的代理人が必須条件となります。そのため、CROを含む様々な中小企業や大企業が、EU域外のスポンサーが欧州で臨床試験を実施するのを支援するために法的代理人サービスを提供しています。

ビジネスの規制は近年、より厳しくなっています。英国政府がブランド医薬品よりもジェネリック医薬品を支持しているため、ジェネリック医薬品の需要が大幅に増加しており、バイオ医薬品や医療機器を扱う中小企業の英国への進出が増加し、規制対応サービスへの需要が高まっています。その結果、これらの企業は、専門知識や資金面でのサポートが不足しているため、独自の薬事部門を設立することができません。さらに、EU離脱は、EMAの本部が他国に移転する可能性があるため、英国の規制環境に大きな影響を与えると予測されています。

サービスに関する考察

サービス別では、2020年は、コンサルティングサービス分野が同市場を牽引し、22.7%の最大シェアを占めました。市場の連結性により、ジョイントベンチャーや買収、合併などの件数が増加していることが、コンサルティングサービスの需要を押し上げています。コンサルティング会社は、規制遵守、品質保証、修復などの課題や、戦略的なコンサルティングの要求に応えるために、様々なサービスを提供しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]