ドッキングステーションの市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR7.1%で成長予測

ドッキングステーションの市場規模は、2020年に12億7,000万米ドルとなり、2021年から2028年にかけてCAGR7.1%で成長すると予測されています。経費を削減し、柔軟性と効率性を高めるためのBYOD(Bring-Your-Own-Device)のワークカルチャーの人気上昇が、業界の成長を支えています。消費者の間でポータブルデバイスの人気が高まり、その使用が増加していることから、ドッキングステーションの需要が高まっています。さらに、音声入出力、レンジングUSBポート、イーサネット接続などの多機能性により、同市場は今後数年間で大きな成長を遂げる可能性があります。

業界のメーカーは、需要の拡大を考慮して、Wi-Fi、Bluetooth、WiGigなどの無線技術を製品に搭載しています。例えば、Samsungグループは、Samsung Galaxy S8とともに、ワイヤレスドッキングステーションであるSamsung DeXを発売しました。このドッキングステーションは、スマートフォンを電源、モニター、ワイヤレスマウス、キーボード、ネットワークポートなどに接続することができ、同時にスマートフォンをタッチパッドに変換することも可能です。

さらに、USB-C、USB 3.0、Thunderboltなどの技術の開発が市場の成長に貢献しています。市場のメーカーは、より多くの機能を備えた使いやすいデバイスを提供するために、製品設計の改善に注力しています。また、Wi-Fi、Bluetooth、WiGigなどのワイヤレス技術を製品に搭載し、需要の拡大を図っています。

高速インターネットや互換性のあるハードウェアへのアクセスが容易であることから、マルチプレイヤービデオゲームの人気が高まっており、ドッキングステーションの需要が増加すると予想されます。さらに、ゲーム業界のベンダーは、ネオンブルーやネオンレッドのジョイコンを備えたNintendo Switchのように、いくつかのポータブルオプションで製品を提供しています。

パンデミックの初期には、社会的な距離を保つために人員を分散させたり、従業員に週1回の出社を求めたりする企業が増えたため、ドッキングステーションの必要性が高まりました。大多数の企業は、必要に応じてオフィスを開放するだけで、チームの大部分は実質的にすべて自宅で仕事をしなければなりませんでした。より多くの従業員が自宅で仕事をするようになると、ドッキングステーションの利用が拡大しました。効率的な在宅勤務ステーションには、従業員が最もよく使うツールを扱えるだけの安全性と機能性を備えたドッキング機器が必要とされます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]