窒素肥料の市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR5.2%で成長予測

窒素肥料の市場規模は、2020年に549億米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR5.2%で成長すると予測されています。これは、世界中で商業的農業の人気が高まっていることに起因します。農業分野では、食用作物に適切な栄養を与えて収穫量を増やすために、窒素肥料の需要が増加しています。

果物、野菜、穀物、綿花などの農作物は、窒素肥料の主な用途分野です。農作物の生産レベルは気候の変化に大きく影響され、季節ごとに農作物の需要と供給が変化していきます。肥料は、農作物の成長を促進するために、農作業で使用される重要な成分です。世界で栽培されている作物の大半は肥料を使用しています。

窒素は、植物の成長に必要な栄養素の一つで、大気中にも存在しますが、大気から吸収できる植物は限られています。そのため、窒素肥料の形で合成して植物に供給しています。窒素肥料には、尿素、アンモニア、硫酸アンモニウム、硝酸アンモニウムカルシウムなどがあり、栄養価の割合もさまざまです。世界各国では、尿素、アンモニア、硫酸アンモニウム、硝酸アンモニウムカルシウムなどが販売されており、食感を良くし、植物の成長を調整して収穫量を増やすのに有効です。

窒素肥料の製造には、窒素と水素が主な原料となります。窒素は肥料の主成分であり、植物が太陽光を利用して食物を生産するための光合成プロセスにおいて重要な役割を果たすことから、大量に必要とする栄養素です。また、植物の生理機能のほとんどすべてに必要な栄養素で、不足すると植物の生育が悪くなったり、葉が黄色くなったりします。一方、肥料に含まれる窒素が過剰になると、植物の成長が過剰になり、開花や結実が阻害される事があります。

新興国では、農業生産における窒素肥料の重要性が認識されています。中国、インド、ウガンダ、ルワンダなどの発展途上国の農家は、化学物質の使用に関する正確な知識を持っています。また、現地の企業は、技術や作物に必要な栄養素に関する販売サービスを行っており、肥料の過剰使用による害や、正しい保管・廃棄方法についての正しい知識を発信しています。

世界各地の様々な機関が、農業生産に有益な製品の使用に関する認識を広める活動を行っています。IFDC(International Fertilizer Development Center)やGACSA(Global Alliance for Climate-Smart Agriculture)などがその例です。このような取り組みにより、窒素肥料の世界的な消費量は増加しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]