植物性サプリメントの市場規模、2020年から2028年にかけてCAGR9.1%で成長予測

植物性サプリメントの市場規模は、2020年に274億7,000万米ドルに達し、2020年から2028年にかけてCAGR9.1%で成長すると予測されています。多くの生産者が幅広いアミノ酸を含む植物性サプリメントを開発し、減量や筋肉の修復などの特定の機能を目指していることから、市場は飛躍的に拡大すると予想されます。健康志向の高まりにより、食生活への関心が高まり、予防医療への関心が高まったことで、消費者は健康効果の高いハーブサプリメントに注目するようになりました。メーカーは、不眠症や更年期のほてりなど、女性が抱える問題を解決するための代替療法を発表しています。魚油、デトックス、プロバイオティクス飲料などのハーブ製品やその他のハーブサプリメントが増加しています。消費者がサプリメントに慣れてきたこと、高所得者層、スポーツやフィットネスのためのインフラなどが、植物性サプリメントの需要を促進すると予想されています。

スポーツ栄養および健康市場には、運動能力を向上させる成分が溢れています。パフォーマンスの向上を目指すアスリートは、これらのハーブ成分によって恩恵を受けることができます。さらに、GlanbiaPlc、Blackmores Limited、The Himalaya Drug Companyなどの主要プレイヤーや、Walmartなどの量販店が、プライベートラベルの植物性サプリメントを提供していることも、市場の成長に寄与すると考えられます。

Nutritional Outlook社の新しい調査によると、米国におけるハーブサプリメントの消費は、予防的な健康と免疫力を高める製品に対する意識の高まりが主な要因となっています。消費者は、予防的な健康管理に対する意識を高めており、感染症に対する免疫力を高めるために、ターメリック/クルクミン、フェヌグリーク、ティノスポラコルディフォリアなどの健康に良い成分を含むハーブサプリメントを使用するよう、政府や保健機関からアドバイスを受けています。さらに、COVID-19の流行により、消費者は食生活の改善を余儀なくされており、消費者の多くは、健康効果が高く、副作用が少ないハーブサプリメントを選択しています。これらの要因により、このパンデミックの間、同市場は急激な成長を遂げています。

米国では、ハーブサプリメントの薬効や健康効果に対する消費者の認識が高まっていることから、ここ数年、ハーブサプリメントの需要が増加しています。米国植物協議会は、2018年のashwagandhaの売上が、米国の自然派小売店と主流チャネルの両方で成長したと述べています。さらに、ashwagandhaは、米国の自然派チャネルで7番目に売れた植物性サプリメントとして知られており、前年同期比16.9%の成長率で上昇しました。また、2015年以降、自然派・ハーブ系小売店での売れ筋成分の主要40品目に入っています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]