サンケア製品の市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR4.0%で成長すると予測

サンケア製品の市場規模は、2020年に107億米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR4.0%で成長すると予測されています。有害な太陽光から肌を守ることへの関心の高まりと、皮膚がんに関する知識の向上が、市場の成長を促しています。COVID-19の大流行により、消費者が在宅勤務モデルに移行したため、サンケア製品の売上が減少しました。また、レジャー、レクリエーション活動、スポーツイベントが制限されたため、2020年の消費量が減少しています。

健康への関心から、オーガニックや天然素材のパーソナルケア製品への需要が高まっていいます。オーガニックや天然素材の製品は、通常、植物を原料としており、肌に良い天然成分が使われています。また、化粧品に使用されている化学物質の肌への影響から、消費者は製品を選ぶ際より神経質になっています。

皮膚がんや皮膚疾患に対する世界的な関心の高まりから、サンケア製品の需要は増加しており、今後、さらに急増することが予想されます。これらの製品は、日焼け防止機能とシワ予防機能を兼ね揃えているため、消費者の間で人気を集めています。

有害な紫外線から肌を守る事への意識の高まりは、サンケア製品市場の需要を押し上げています。また、紫外線によって引き起こされるメラノーマを防ぐために、政府の保健機関によりサンケア製品が奨励されています。

製品別の考察

2020年のサンケア製品市場は、大人用クリームセグメントが69.4%を超えて支配し、今後もその優位性を維持すると予想されます。大人用クリームは、日焼け、シワ、角質化した肌などの早期老化から肌を守るために使用され、皮膚がん、皮膚の変色、炎症などに対する多目的な効果により、高い人気を集めています。

天然成分やオーガニック成分への需要から、アフターサンケア製品の普及が期待されており、特に、二酸化チタンや酸化亜鉛などのミネラル成分を配合した製品は人気があります。さらに、フェイクタンおよびセルフタン部門は、今後、最も高いCAGRで成長を遂げると予測されています。肌に有害な紫外線(UV)を浴びることなく、日焼けしたような肌を作ることが出来るフェイクタンやセルフタンは、サンケア製品市場を牽引すると予測されます。サンレスタンニング製品は、ローション、クリーム、スプレーなどの形で一般的に販売されており、消費者は、年間を通じて健康的な外見を保つことができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]