グリーン包装の市場規模、2020年から2028年にかけてCAGR6.1%で成長予測

グリーン包装の市場規模は、2020年に2,741億5,000万米ドルとなり、2020年から2028年にかけてCAGR6.1%で成長すると予測されています。持続可能なパッケージングに関する消費者の意識の高まりと、使い捨てプラスチックの使用に関する厳しい規制が、業界の成長を後押しすると予想されます。分解可能な素材やリサイクル可能な素材を使用したパッケージングを採用する食品・飲料業界が増加していることから、業界の安定した成長が予想されます。外食産業では、使い捨てのプラスチック製ストロー、蓋、栓、カップ、食品トレイを、紙や堆肥化可能な製品に置き換えようとしています。パッケージ食品に対する消費者の嗜好の変化により、外食産業における製品需要は今後も伸び続けると思われます。

米国のグリーン包装市場は、消費財や食品・飲料の包装を重視する消費者層の拡大により、今後数年間で高い成長を示すと予測されます。同地域のメーカーは、消費者の嗜好の変化に対応し、より持続可能な代替品への移行を進めています。UnileverやProcter & Gambleなど、消費財分野の多くのグローバル企業が、環境に配慮した取り組みを進めるために、使用後のリサイクルプラスチックをパッケージングソリューションに使用しています。Unileverの子会社であるHindustan Unileverは、2025年までに100%リサイクル可能なパッケージを使用することを掲げ、汎用ポリマーからパフォーマンスベースポリマーへの切り替えを行っています。

この傾向は、H&Mなどのプレミアム衣料品ブランドも同様で、バリューチェーンにおける100%の循環を目指し、ラベルや印刷に有機化学物質を使用し、より安全な製品をリサイクルできるようにしています。このような取り組みが拡大した結果、グリーン包装の世界的なトレンドが生まれ、多くの企業が採用を余儀なくされると思われます。グリーン包装の実践は、1個あたりの利益率が低く、コスト増に柔軟性のないFMCG(Fast Moving Consumer Goods)を販売する企業によって行われています。これらの企業は、原材料だけでなく輸送コストも節約するために、軽量化の取り組みを実施しています。

COVID-19の大流行にもかかわらず、食品・飲料業界は著しい成長を遂げており、グリーン包装業界にプラスの影響を与えながら、今後も成長を続けると予想されています。食品・飲料業界は一貫して、持ち帰り可能な消費者向け製品を提供することで消費者の利便性に対応しており、包装に対する需要の増加の一因になることが考えられます。ヘルスケア包装市場は、COVID-19以降に増加している持続可能な包装に関して大きな課題に直面しています。 これは、パッケージ製品の製造プロセス中に企業が直面する多くの制約によるものです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]