天然油ポリオールの市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR6.6%で成長予測

天然油ポリオールの市場規模は、2020年に68億米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR6.6%で成長すると予測されています。同市場の成長は、特に中国、インド、インドネシアなどの新興国において、自動車、建築、エレクトロニクスなどの業界で、軽量で耐久性の高い製品の需要が高まっていることに起因しています。また、自動車、建築、電気・電子などの分野でバイオベースのポリウレタンフォームの消費が増加していることも、市場の成長を後押ししています。自動車メーカーは、燃費向上とCO2排出量削減のために自動車の軽量化に取り組んでおり、シートカバーや内装などの自動車部品に天然油ポリオールを使用したポリウレタンフォームの採用が増えています。

環境に配慮したプラスチック製品への需要が高まっていることに加え、石油化学系など従来型ポリオールの製造に使用される原材料価格が変動していることが、市場の主要な駆動要因になると予想されます。Cargill社やBASF社などの大手石油化学系ポリオールメーカーは、従来型ポリオールへの依存度を下げるために、環境に優しい製品の製造に重点を移しており、価格変動に伴うリスクの軽減を実現しています。

環境問題への関心の高まりと、従来型ポリウレタンの価格変動が相まって、バイオベースポリウレタンの採用が世界的に加速しています。石油化学製品や合成ポリマーに対する厳しい環境規制、バイオベース製品の製造に対する有利な規制が、バイオベースポリウレタン市場の成長にプラスの影響を与えると予想されます。

専門小売店、サロン、スパ、オンライン販売プラットフォーム、ホームショッピングチャンネルやインフォマーシャルなどのダイレクトレスポンステレビプラットフォームの増加は、ここ数年のパーソナルケア製品の売上を押し上げており、この傾向は今後も続くと予想されます。ドイツ、インド、イギリス、フランスでは、美容・スキンケア製品への関心が高まっており、バイオベースポリオールの需要を牽引すると考えられます。

製品別考察

大豆油セグメントは、2020年に35.0%の収益シェアを獲得し、市場を支配しました。大豆油ポリオールは、食品や動物飼料向けに需要が急増しています。

ヒマシ油は、油糧種子から直接生産される市販品の一つです。ひまし油は、フォームやコーティング剤など、ポリウレタンフォームの製造に使用されることが多くなっています。高純度の天然油ポリオールを低価格で入手することへの需要と、抽出技術の進歩により、ひまし油ポリオールが開発されました。

パーム油は、世界で最も経済的な油糧作物の一つで、半硬質・硬質ポリウレタンフォーム、ポリウレタン接着剤・コーティング剤、複合材料、エラストマーなどの製造に適した、容易に入手できる再生可能なポリオール原料です。植物性ポリオールの代替原料を開発するための研究開発費が増加していることに加え、工業目的でのパーム油の採取量が増加していることが、今後、パーム油ポリオールセグメントの成長にプラスの影響を与えると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]