ラテンアメリカのMRO (保守・修理・分解検査) の市場規模、2020年から2028年にかけてCAGR4.7%で成長予測

ラテンアメリカのMRO (保守・修理・分解検査) の市場規模は、2020年に283億4,490万米ドルとなり、2020年から2028年にかけてCAGR4.7%で成長すると予測されています。産業用製造業に携わるプレーヤーが生産のダウンタイムを減らすために交換サイクルの頻度を増やしていることが、今後の市場を牽引すると考えられます。パンデミックの発生により、ラテンアメリカ地域の市場は、生産活動の停止やMRO活動の延期などの影響を受けました。また、国境の閉鎖やサプライチェーンの停止により、MRO製品の販売が減少し、業界の成長が鈍化しました。

MRO業務はビジネスを円滑に進めるために必要です。ラテンアメリカ諸国は、アジア太平洋地域や欧州などの地域からの部品やコンポーネントの輸入を依存しており、2020年、ロックダウン措置により市場に影響が及びました。

電子商取引プラットフォームからの需要が増加していることが、同地域の市場成長を支えています。バリューチェーン上に多くの流通業者やチャネルパートナーが存在することで、市場での直接販売が促進され、工業生産ユニットでの部品調達がスムーズになっています。

景気後退以降、多くの企業が在庫や労働力にかかるコストを削減しようとしたため、MROアウトソーシングサービスの分野が大幅に増加しました。地域の大手多国籍企業は、高品質なサービスを手頃な価格で提供するなど、顧客のニーズへの対応に注力しています。

MROオペレーションで使用される製品の最終的な価格は、OEMの製造能力に依存しています。業界の多くのプレーヤーが、製品の受託製造やアウトソーシングに取り組んでいます。市場のリーダーが提示する業界標準やカスタマイズされた仕様は、サードパーティメーカーが目的の製品を提供する際の参考にされます。

製品に関する考察

2020年は、工業用製品セグメントがシェアの70%を占め市場をリードしました。工業用製品は、機械の能力限界まで行われる作業で部品やコンポーネントが消耗するため、修理やメンテナンスが必須になります。また、製造数の増加や交換サイクルの増加に伴い、主要部品のMROにおける管理が必要とされることも、今後の市場成長を後押しすると考えられます。また、ラテンアメリカ地域におけるAeromanなどの主要な航空宇宙MRO企業の存在により、MRO製品の需要が見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]