バイオエタノール用酵母の市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR14.04%で成長予測

バイオエタノール用酵母の市場規模は、2020年に114億2,000万米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR14.04%で成長すると予測されています。製品の需要は、アルコール飲料やベーカリー製品などの消費の増加によってもたらされると考えられます。バイオベースの原料への移行に伴い、石油化学ベースの原料の需要が大幅に減少しています。バイオエタノールの生産と消費は、最終産業での需要に大きく影響されます。

さらに、貿易規制による原材料の調達困難やサプライチェーンの混乱が、食品・飲料市場に悪影響を及ぼし、製品全体の需要に影響を与えています。エタノールや原料の価格が変動していることは、持続可能な化学製品への移行を促進する重要な要因の一つです。食糧や動物性食品の需要が増加していることから、バイオエタノール用酵母の消費量は年内に大幅に増加すると予想されます。さらに、消費者の可処分所得の向上、絶え間ない製品の開発、各国での市場普及率の上昇により、食品・飲料製品の需要が高まり、同時にバイオエタノール用酵母市場の成長を支えています。

バイオ燃料の生産は、バイオエタノール酵母の最大の応用分野の一つです。また、パンデミックの影響で、消費者の清潔・除菌に対する意識が高まり、クリーニング業界の需要の伸びが観測されています。石油化学製品が環境に与える影響への懸念から、2020年以降バイオエタノール酵母の需要が高くなっており、バイオベースの持続可能な化学製品の使用が推進されています。

業界では二酸化炭素排出量や石油化学製品への依存度を低減するために、生分解性製品やバイオベースの原材料を使用した、基礎化学品の開発に重点が置かれています。また、再生可能な資源への需要が高まっていることから、石油化学製品の使用に対する規制が厳しくなっています。バイオエタノール用酵母市場では、多数の小規模企業やグローバル企業による競争が激化しています。

アプリケーションに関する考察

2020年の市場は、バイオ燃料用途が68%を超える売上シェアを占め、今後もその優位性が維持されると予想されます。この高いシェアは、化石燃料の代替としてバイオ燃料の消費が増加していることに起因します。さらに、バイオ燃料は一酸化炭素の発生を抑え、大気の質を向上させるため、ガソリン車の代替燃料として使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]