高所作業車(AWP)の市場規模、2020年から2028年にかけてCAGR6.5%で成長予測

高所作業車(AWP)の市場規模は、2020年に156億4,000万米ドルに達し、2020年から2028年にかけてCAGR6.5%で成長すると予測されています。住居ビルや複合商業施設、公共交通インフラなどの建設に向けた政府の投資が増加しており、高所作業車の需要が促進されると考えられます。高所作業車の需要は、建設や輸送・物流などの最終用途産業がパンデミックによる影響を受けたことで、深刻な混乱をきたしました。建設や輸送・物流などの業界では、契約のキャンセル、プロジェクトの遅延、サプライチェーンの混乱、監禁措置による建設現場の閉鎖など、いくつかの障害が発生しました。

2020年にCOVID-19が発生したことで、米国では多くの建設現場や産業施設が一時的に閉鎖されました。一方、政府は国内の医療システムの改善と拡大のためにモジュール式病院やその他の医療施設の建設に多額の投資を行い、高所作業車の需要増加につながりました。

高所作業車は、Elevating Work Platform (EWP)、Aerial Device、Mobile Elevating Work Platform (MEWP)とも呼ばれ、人、機器、または機器を持った人が、アクセスできない場所や離れた高所に到達するためのアクセスを提供します。これらは主に、最終用途産業における建設やメンテナンス作業のエリアで使用され、製品や商品の配置や倉庫ユニットへの保管などの用途にも使用されます。

先進国では全自動倉庫が普及しており、製品やペレットを置くためのシングルシザーリフトやダブルシザーリフトなどの昇降テーブルが大量に配置されています。世界各地における電子商取引企業や物流企業による倉庫建設への大規模な資金調達や投資は、市場全体の成長に大きく貢献することが予想されます。

また、世界各国の都市部や農村部のインフラ整備が進んでいることに加え、各国政府が電力や通信などの技術的な設備を提供していることも、今後の市場成長を促進すると考えられます。

エンジンタイプ別の考察

2020年は、電動式AWPが市場をリードし、収益シェアの71.7%を占めました。電動式AWPは、回転半径が小さいため、屋内を中心に使用され、その高容量とゼロエミッションにより、高い成長率が見込まれています。コンパクトなデザインの電動リフトは、通路が狭く限られたスペースしかない倉庫業に適しています。また、ディーゼルモーターに比べてダウンタイムが少なく、部品点数が少ないためシステムのメンテナンスコストを大幅に削減できます。さらに、電動式AWPには発熱する可能性のある油圧システムがないため、稼働時間を短縮することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]