固体酸化物燃料電池(SOFC)の市場規模、2030年に71億2,440万米ドル到達予測

固体酸化物燃料電池(SOFC)の市場規模は、2022年からCAGR40.7%で成長し、2030年には71億2,440万米ドルに達すると予測されています。インフラや産業開発への支出の増大は、今後の世界市場にプラスの影響を与えると予想されます。

設置業者やシステムプロバイダーは、機器の在庫を保有しています。しかし、COVID-19の影響を大きく受けた国々では生産が制限されているため、ボトルネックや品不足に直面しています。さらに、固体酸化物燃料電池ベースの大規模プロジェクトでは、サプライチェーンの混乱と現場での建設活動の停止により、試運転の遅れが予想されます。

代替エネルギー源に対する意識の高まりは、市場の成長を促す主な要因となっています。炭素排出量の増加は世界的な問題であり、各国の政府当局は研究資金の提供や支援政策・計画の立案を通じて、この問題に取り組むための支援をしています。

SOFCの世界市場は、既存ベンダーと新規参入企業による継続的な技術革新により、競争の激しい市場となっており、地域密着型システムインストーラーとの関係強化を中心に、地域的なプレゼンス向上が期待されています。

固体酸化物形燃料電池市場のハイライト

種類別に、2021年に、定置型セグメントが81.35%という突出した売上高シェアを占め、今後も大きな成長が見込まれます。

地域別に、2021年に、アジア太平洋地域は全体の46.78%の売上高シェアを占めました。欧州では、ドイツが2021年の売上高シェアで市場を独占しました。

欧州では、代替エネルギー技術に関する大規模投資に、政府の資金援助や企業間の積極的なM&Aが関与しています。今後、固体酸化物燃料電池の活用において、輸送セグメントが有望な要因になると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]